【書評】日本だけで有名なモンドセレクション、9割が入賞の衝撃

0706_creater
 

お菓子などによく書かれている『モンドセレクション金賞受賞』の文字。名誉ある賞なのかなと思っている人も多いようですが、実は驚くべき真実があることをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』は、編集長の柴田忠男さんが驚くべき事実ばかりを100個も集めた一冊をご紹介。ここには、モンドセレクションの真実をはじめ、さまざまな衝撃の事実が掲載されています。

71RifEJnueL

衝撃の事実100

神岡真司・著 ワニブックス

神岡真司『衝撃の事実100』を読んだ。イージーな企画である。新書判見開き2ページで衝撃の「知られざるタブー」100件の、ほんとのところを解説している、ようだ。さまざまな分野(とくにお金・労力・時間を奪われるだけの世の中の仕組み)の、興味深い事例を収集している。

~~はホントだった! ~~はウソだった、がほぼ半分ずつ。ナルホドと思ったのは20件だった。見開きで1件、簡潔に書かれていて読みやすい。重要なところは太字だし。バカは風邪をひかない──はホントだった! カバは赤い汗をかく──はウソだった! とか、どうでもいい案件もあるから100件なのだ。

保険の見直しが家計にプラス──はウソだった! 不必要な保険に加入し、高い保険料を払っていたのでは家計に悪影響なので見直しましょう、というのが表向きの趣旨だが、ホントは家計の改善に役立つのではなく、保険の販売業者である代理店の収益向上に役立つ、というのが正解だ。わが家は何の保険にも加入してない。

公証人は正しい文書しか作成しない──はウソだった! 親の死後、相続人の兄弟姉妹間で争うことが多いので、親が公正証書を作っておけば揉めずにすむと司法書士や弁護士は商売上いうが、現実にはそれが“争族”を生む原因になる。手数料稼ぎの公証人の認証が出鱈目、ということは業界で知れ渡っている。

モンドセレクションを獲得するのは難しい──はウソだった! モンドセレクションは、1961年にベルギーで作られた、市販を評価する民間の認証団体に過ぎない。同種のライバル商品と比較して優劣を決めるもの、ではない。日本だけで有名で、出品の半分は日本からで、出品すれば9割が入賞するんだって。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】日本だけで有名なモンドセレクション、9割が入賞の衝撃
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい