【書評】それでも北斎が写楽だったと信じたくなるこれだけの証拠

0803_creater
 

1999年にライフ誌で組まれた「この1,000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」という特集で、日本でたった一人選ばれた葛飾北斎ですが、その北斎と役者絵で知られる東洲斎写楽が同一人物だったという説が一部で根強く囁かれています。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介しているのは、北斎=写楽説を確実視している研究者が上梓した一冊。日本の大半の研究者が認めていないこの説を、具体的な証拠を上げながら「立証」しています。

91VlO4RjGhL

葛飾北斎 本当は何がすごいのか
田中英道・著 扶桑社

田中英道『葛飾北斎 本当は何がすごいのか』を読んだ。1999年にアメリカ「ライフ」誌は「この1,000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」という特集を組んだ。日本でたった一人選ばれたの葛飾北斎で86位。芸術家8人の中で1位はレオナルド・ダ・ヴィンチ、北斎は7位であった。

著者はこの順位は肖像画にあるとみる。ダ・ヴィンチには「モナ・リザ」をはじめとして、世界に知られた肖像画がある。北斎には風景画、美人画、物語絵などがあるが、肖像画の類はない。風景画家としてのみ評価されている。北斎に肖像画が加われば鬼に金棒である。筆者は、北斎の業績には写楽の役者絵が加わるという。北斎には人間の個性を描いた肖像画もある、ということだ。

写楽=北斎」を示す具体的な証拠がいくつも見つかっている。著者は既にこれに関する本を2冊出して詳細に実証している。しかし、世界中で開かれている「北斎展」には、北斎が写楽として活動していた時期がすっぽり抜け落ちている。日本の研究者が「写楽=北斎」を世界に向けて発信してこなかったからである。実のところ、日本の大半の研究者は写楽=北斎を認めていない

昨今では「写楽=斎藤十郎兵衛本業は能役者)」説が有力で、「写楽問題はすでに存在しない」といわれている。しかし著者は怯まない。写楽が現れたのは10か月間でしかなく、それが北斎の空白期に当たるからだ。春朗(北斎)は宝暦10(1760)年に生まれ安永8(1779)年勝川春章に入門、寛永5(1793)年まで黄表紙、役者絵を描く。寛永6(1794)年初頭ぷっつりと消息を絶つ。

寛永7(1795)年宗理と改名して再登場、何度かの改名を経て文化2(1805)年に葛飾北斎を名乗る。写楽の活動時期と北斎の空白の期間がぴったり一致する。北斎は写楽が出てくるまで同じ役者絵を描いており、両者の役者絵を比較すると非常によく似ている。同質性は美術史において作者の同定(同一人物であると見極めること)に欠かせない観察点である。類似した絵は20点以上ある。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】それでも北斎が写楽だったと信じたくなるこれだけの証拠
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい