夏休み明けに「いじめ自殺」させないため、盆休みに親がすべき事

shutterstock_394441090
 

これまで様々ないじめの現場に出向き、そしてことごとく解決してきた現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さん。そんな阿部さんは自身のメルマガ『伝説の探偵』で今回、ある高校生のいじめ事例をあげながら、夏休みにこそ子供の「いじめ被害の有無」を確認すべき時だとして、「子供が話しやすくなる親の態度」などについて記しています。

夏休み中にいじめは確認してください、キーワードは対価交換?

高校2年のA君の場合

A君は東海地方の県立高校の2年生。彼はいじめられていることを必死で隠していた

本人曰く、親に言うのは恥ずかしく、迷惑をかけたくなかった、友人らにも何か厄介ごとに巻き込んでしまうようで嫌だったし、自分で解消しようと考えていた。また、担任には無関係と考えており、部活顧問については、過去いじめを放置しより悪化させたことがあり、絶対に相談したくないと思っていた。

だから、彼は夏前に部活を辞めたいと部活顧問に申し出たのだが、無為に慰留され、保留という扱いになった。A君は、もう辞める意思は申し出たから、夏休み中は一切部活には出ないと決めていたが、「なぜ来ないのか?」「内申点に影響するぞ」などLINEでの嫌がらせ的な連絡が頻繁にあり、そのストレスで胃炎を発症した。

A君の様子がおかしいことは、保護者もわかっていた。だが、高校生でもあるから、本人が自ら話してくれるまで様子を見ていた。

A君の場合、いじめ被害を訴えでていなかったが、部活に出てこいという顧問の先生からの連絡が重いストレスを与え、結果的に体調を崩していじめの事実が明るみに出ることになる。

A君は心配する父の問いかけに、いじめられているという内容を話した。そして、保護者と顧問が電話で話すことになったが、改めてA君から直接話が聞きたいと顧問が要請し、A君はそれを話すために学校に行った。

しかし、顧問は部活内でいじめの調査をしており、A君が部活内でいじめられているというのは、デマカセであり、頑張っていないだけだと責められる場になっていた。

本人曰く、「俺だって家族がいるのに、休みたいのに、部活の顧問だから頑張って学校来てるのに、お前はなんだ? いじめ? そんなの誰もしてないって言ってるぞ。仲間を陥れて、自分だけ楽しようなんて、なんて奴だ!!」と顧問に言われたそうだ。

その後、保護者も入っての話し合いとなったが、話し合いは完全な平行線となった。そこで調査となったわけだが、調査では、部活加害者側のグループLINEを入手し、これに基づきいじめの証明を行った。

この部活は、地区大会などで1回戦は突破できることが多いが、2、3回戦で敗退するようなチームであり、顧問は生徒らに活動を任せ、ほぼ不在という典型的な放置系部活であり、リーダー性のないいじめ加害の主犯がキャプテンであったため、内実、反発的な意見をもっている部員が多かった

何かチャンスがあれば、追い落としてやろう、そういう空気が部活内に漂っていた。さらに、私が勝手に見学した段階では、別の部員がいじめの対象となっていた。だから、容易に接触し容易に証拠を入手することができたのだ。

顧問は唖然とし、すぐに主要ないじめの加害者からスマートフォンを取り上げて、このグループを確認した。私が報告した内容がグループトークと一致していることや既にいじめのターゲットが変更されていて、別のいじめが発生していること、女子マネージャーについての卑猥な表現や練習試合の応援に来てくれた部活顧問の妻の隠し撮りなど様々な内容を確認することになった。

この件は現在学校側が対処を検討するとのことで、一時的に部活は休止となっている。対外的には、部活のブラック化など、社会的要因のための一時的な休部としている。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 夏休み明けに「いじめ自殺」させないため、盆休みに親がすべき事
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい