大坂なおみ全米OP決勝で見えた、日本が報じないアメリカの闇

 

…大坂選手の表彰台の言葉は、人種や性別を超えて全ての人の心に響きました。それは彼女が「日本的」だったわけではなく、大坂なおみだったから。一点の曇りもない純粋な気持ちを持つ勇気ある「大坂なおみ」というひとりの女性に、世界中が感動したのです。いつの時代も、いかなる舞台でも、真摯な言葉は人を動かします

アメリカのいいところは、彼女の言葉を「大坂なおみ」の言葉ときちんと受けとめ賞賛することです。

日本人らしいと賞賛した日本とは大違いです。私たちも彼女から学ぶことがたくさんあります。自らを省みることです。そのことを最高のプレーとスピーチで教えてくれた大坂選手に心から感謝します。

※本文の一部に誤りがありましたので修正いたしました、深くお詫びを申し上げます。

image by: lev radin / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年9月12日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー

※2018年9月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

  • 日本が報じない米国の闇/「唸った」(2)ほか(9/12)
  • 選択の自由と幸福感/「唸った」(1)ほか(9/5)

いますぐ初月無料購読

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

初月無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2018年8月分

  • 子どもの命を奪う異常な社会/オレにも言わせろ! ほか(8/29)
  • 金足農業と豚と農業女子と。/「面倒くさい女たち」(11)ほか(8/22)
  • 疲れの借金と有給休暇の関係/「面倒くさい女たち」(10)ほか(8/15)
  • 温暖化で変わる台風の姿/「面倒くさい女たち」(9)ほか(8/8)
  • 介護は介護の問題にあらず。「福祉避難所」とは何か?/「面倒くさい女たち」(8)ほか(8/1)

※1ヶ月分540円(税込)で購入できます。

※『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』(2018年9月12日号)より一部抜粋

河合 薫この著者の記事一覧

米国育ち、ANA国際線CA、「ニュースステーション」初代気象予報士、その後一念発起し、東大大学院に進学し博士号を取得(健康社会学者 Ph.D)という異色のキャリアを重ねたから書ける“とっておきの情報”をアナタだけにお教えします。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』 』

【著者】 河合 薫 【月額】 初月無料!月額540円(税込) 【発行周期】 毎週水曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 大坂なおみ全米OP決勝で見えた、日本が報じないアメリカの闇
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい