絶好調スシロー「180円皿を150円に値下げ」は値上げへの布石か?

IMG_6643
 

10カ月連続で前年同月比の売上を上回った、業績絶好調のスシロー。9月14日には180円皿を150円に価格変更するなど、さらなる攻勢に打って出ています。この変更を「実は値上げの布石では?」と見るのは、店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さん。佐藤さんは自身の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』でその理由を記すとともに、同社の好調の理由等をコンサルタント目線で分析・紹介しています。

10カ月連続売上増のスシローが180円皿を150円皿に。実は値上げの布石?

スシローが絶好調です。8月の既存店売上高は前年同月比5.2%増と大幅な増収を達成しました。10カ月連続で前年を上回っています。8月までの10カ月間で6勝4敗のくら寿司5勝5敗のかっぱ寿司と比べると、10連勝を達成したスシローの強さが際立ちます。しかも増収率が異様に高く、たとえば、6月が13.1%増、3月が8.0%増、7月が7.8%増となるなど、半数以上の6つの月で5%超えを達成しています。

kaitensushi20180916

スシローは客数の面でも好調を維持しています。8月までの10カ月間では8つの月で前年を上回ることに成功しました。わずか1勝のかっぱ寿司や1勝もできていないくら寿司と比べるとその差は歴然としています(くら寿司のみ8月の客数は執筆時点で未公表)。

既存店売上高が好調に推移していたこともあり、運営会社のスシローグローバルホールディングスは8月8日、2018年9月期の連結業績予想の上方修正を発表し、売上高は前回発表から3.3%増の1,750億円(前年比11.9%増)、純利益は同17.8%増の78億円(前年比12.2%増)としています。

ノリに乗っているスシロー。好業績を叩き出すなか、9月14日にすしの価格帯を改定したのも興味深い出来事といえます。それまで税別で1皿100円180円280円で提供していたのを、100円150円300円に変更しました。100円皿はそのままで、180円皿を150円皿に、280円皿を300円皿に変更しています。

これによりキリがよくわかりやすい価格帯になったほか、高品質のメニューを従来より安い150円皿で提供することでお値打ち感を打ち出すことができるようになり、280円皿を300円皿にしたことでより高品質なすしを提供できるようになりました。

細かいところでは、従前の180円皿は四角い形の皿を採用していましたが、今回導入した150円皿は他の価格帯の皿と同じ丸い形を採用しており、皿の形状を統一することで食器洗い機による洗浄作業の負担を軽減することを可能にしています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 絶好調スシロー「180円皿を150円に値下げ」は値上げへの布石か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい