安倍総理の譲歩にトランプ上機嫌。日米首脳会談は成功だったのか

kitano20181002
 

9月26日の日米首脳会談で日米物品貿易協定(TAG)締結に向けて交渉が開始され、安倍首相が米国の貿易赤字削減に積極協力する姿勢は賛否を呼んでいますが、果たして国益に適う結果は得られるのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、トランプ大統領の「有言実行外交」を解説し「日本の譲歩がプラスに働く理由」について持論を展開しています。

日米首脳会談、三つのポイント

皆さんご存知のように、安倍総理は26日、ニューヨークでトランプさんと会談しました。結果はどうだったのでしょうか?

  1. 日米物品貿易協定(TAG)の締結に向け、二国間交渉が開始されることになりました
    TAGってなんでしょう? FTA(自由貿易協定)とは、何が違うのでしょうか? TAGは「物」の貿易に関する協定。FTAは、「物」+「サービス」(金融も含む)。TAGは、対象が物だけに限定されているのですね。
  2. 交渉継続中、自動車などへの関税引き上げ措置は発動しません
  3. 農産物については、「過去の経済連携協定で約束した市場アクセスの譲許内容が最大限」ということで合意しました。日本は、TPP交渉で農産物の関税引き下げに合意した。日米TAG交渉でも、「そのレベルまでしか下げなくていいよ」と

以上三つが今回の首脳会談の重要ポイントです。トランプさんは満足しているようです。

「安倍首相と会ってきた。我々は日本と貿易交渉を開始している。日本は長年、貿易の議論をしたがらなかったが、今はやる気になった」

 

トランプ大統領は26日、国連総会を締めくくる記者会見で、真っ先に日本との貿易交渉の開始という成果を取り上げた。

(朝日新聞DIGITAL 9月27日)

ちなみに、RPEでは、「シェールガス、シェールオイル、攻撃型武器の輸入を増やすことで、アメリカの対日貿易赤字削減に協力しましょう」と書いてきました。報じているのは朝日新聞だけみたいですが、こんな話もありました。

さらに「私が『日本は我々の思いを受け入れなければならない。巨額の貿易赤字は嫌だ』と言うと、日本はすごい量の防衛装備品を買うことになった」と自身が日本から大きな譲歩を引き出したかのように語った。
(同上)

日本はすごい量の防衛装備品を買うことになった」そうです。これ、批判する人もいるでしょうが、私は「とてもいいこと」だと思います。日本は、GDP世界3位の大国でありながら、北朝鮮のような小国に脅されても何もできない。ですから、攻撃型の武器をそろえることが必要です。

普通、日本が軍拡すると、アメリカも含む周辺諸国が騒ぎます。しかし、今は「アメリカの貿易赤字を削減するため」といえる。トランプさんは喜び、日本は、ちゃっかり軍事的自立にむかっていくことができる

print

  • 安倍総理の譲歩にトランプ上機嫌。日米首脳会談は成功だったのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け