あなたは信じる?信じない? “裸の付き合い”がもたらす効果

2018.10.04
7
by ニシム(まぐまぐ編集部)
mainfuro
 

最近、夫婦や家族で一緒にバスタイムを過ごしていますか?たしか子供の頃は両親や兄弟と一緒にお風呂に入ったていたけれど、近頃では、時間がなかったり掃除が面倒だったりするせいで、バスタイムを手軽に済ませている・・・そんな人も多いのではないでしょうか。
パナソニック株式会社エコソリューションズ社は、お風呂の時間を通じた家族コミュニケーションの実態を調査するため、同居家族をもつ全国の既婚男女1,000名を対象に、「入浴コミュニケーション実態調査」を実施しました。

あなたは信じる?信じない? “裸の付き合い”がもたらす効果

既婚男女の61.1%が“裸の付き合い” で「心の距離が縮まると感じる」

Print

家族や友人と一緒にお風呂に入ることで“心の距離が縮まると感じる”と答えた「裸の付き合いを信じる派」の割合は全体で61.1%と過半数を超え、多くの人がお風呂の時間を特別なコミュニケーションの場として捉えていることがわかりました。
また、中でも「裸の付き合いを信じる派」の割合が最も高かったのは20代男性の85.0%で、若い年代ほど信じる派が占める割合が高い傾向が明らかとなりました。

大切なのは「親子」や「夫婦」など、 “家族とのお風呂の時間”

“裸の付き合い”が特に大切だと感じる関係性について尋ねたところ、全体では1位「親子(51.5%)」、2位「夫婦(44.6%)」と、3位「友人・知人(25.2%)」を大きく引き離しています。入浴コミュニケーションは家族間で日常的に行われることが大切と考えられているようです。

20代・30代の既婚男女に関しては60%以上が“夫婦のバスタイム”も大切と回答

mainfuro

「夫婦」においても入浴を通じたコミュニケーションが大切であると回答した人は、20代~30代の子どもがいる既婚男女で59.4%、子どもがいない既婚男女で68.2%にのぼり、親子間だけでなく夫婦間においても裸の付き合いが大切だと考えている人が多いことがわかりました。これは、40代以上の既婚男女とは約2倍の差があり、40代以上は「夫婦のバスタイム」が大幅に少なくなることが判明しました。

「シャワー派」は年々増加傾向も、 73.9%が「できる限り湯船に浸かりたい」

普段の入浴が「毎日シャワー派」の人は、15年前の33.7%から現在は39.8%と年々増加しており、全体の約4割を占めています。またその要因は、1位時間が無い39.5%)」、2位「暑いから(39.1%)」、3位「お湯を溜める(沸かす)のが面倒だから(34.7%)」、4位「浴槽の掃除が面倒だから(33.6%)」と続き、夏場の暑さを除いては、日常の忙しさが原因となって湯船に浸かる人が減っている事実が明らかになりました。日々の浴槽掃除の負担については、70.2%の人が「負担を感じる」と回答。その一方で、全体の73.9%の人は入浴の際には「できるだけ湯船に浸かりたい」と回答していることから、毎日の浴槽掃除にかかる負担が湯船に浸かる時間の確保を妨げる一因となっているようです。

“お風呂研究の第一人者” 早坂信哉教授に聞く、 入浴コミュニケーションと湯船でしっかり入浴のススメ

 

sub2

Q 入浴時のコミュニケーションで、 心の距離は縮まるのでしょうか?

入浴コミュニケーションによって心の距離は縮まると思います。入浴時というのは、服も何も着ていない最も無防備でリラックスした状態です。緊張をしていない状況で接する人に、人間は基本的には敵意を持たず打ち解けられる性質があり、自然と信頼関係が発生する環境となります。また、携帯電話やその他の情報をシャットダウンされる機会でもあり、一緒に入浴をしている方と深く向き合える特別な時間になっていることも考えられますね。

Q 早坂先生がオススメする理想の入浴方法はどのようなものでしょうか?

まず第一に入浴時に湯船に浸かることです。湯船に浸かった方が心身ともに良い影響を与えることは、様々な研究結果でも示されております。そして、出来れば毎日入浴することをオススメしております。私たちの調査では、毎日欠かさず湯船に入浴する方は、週6回以下で入浴する方と比べて主観的な幸福度が高いという研究結果が出ています。また、毎日入浴することで要介護になりにくく健康寿命にも寄与することが分かっております。入浴時間としては、40℃のお湯に全身浴10分で深部体温もしっかり上がり、入浴の良い効果が得られるでしょう。

Q 掃除をしていない浴槽に入浴することで何か危険性はありますか?

見た目の汚れももちろんですが、水あかにばい菌が繁殖して皮膚に対して炎症を起こすことも考えられます。また、掃除をしていないことによりカビの胞子が浴槽を舞い、アレルギー反応や肺炎、特に呼吸器に対して問題が出る可能性があります。やはりお風呂は清潔な方がより望ましいので、毎日の掃除はかかせないと思います。お風呂掃除が面倒で毎日の入浴が難しい方は、掃除をラクにする工夫やテクノロジーを積極的に活用することも大切だと思います。

だんだん秋が深まり湯船がさらに恋しくなるこれからの季節、ぜひ家族で夫婦で湯船に浸かって深いコミュニケーションを取る時間を作りたいですね。

ラクするテクノロジー特設サイト
http://sumai.panasonic.jp/rakuteku/bathroom/

パナソニックリフォームサイト
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/

パナソニックバスルーム
http://sumai.panasonic.jp/bathroom/

情報:PR Times

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • あなたは信じる?信じない? “裸の付き合い”がもたらす効果
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい