そんなモノを持つだけで時間がわかるの?【笑える英語ジョーク】

shutterstock_283261280
 

毎週英語ジョークを紹介している爆笑メルマガ『笑える英語 無料版』から、「時間の計り方」というジョークをご紹介します。このジョークの意味、あなたにはわかりますか?

今週のジョーク「時間の計り方」
(原題:Mule Balls)

An American couple on vacation with some friends in Mexico were shopping at the market to bring back a few souvenirs to their family and friends.

休暇中のあるアメリカ人カップルが、メキシコで友人数名と、家族や友人にお土産を買って帰ろうと、市場で買い物をしていた。

Time passed, and the couple realized that neither of them was wearing a watch. They noticed this little Mexican man taking a siesta next to this mule, which had the largest set of mule nuts they had ever seen. Trying not to stare at the huge mule nuts, they asked the little Mexican man, “Excuse us, but could you tell us what time it is?”

しばらくして、二人とも時計を身につけていないことに気がついた。ふと見ると、小柄なメキシコ人男性がラバの隣で昼寝をしていた。そのバラは、見たこともないほど大きな睾丸をぶら下げていた。その巨大なモノに目をやらないように気をつけながら、二人は小柄なメキシコ人男性に尋ねた。「すみません、今何時でしょうか」

The little Mexican man reached his hand under the enormous set of mule nuts and, lifting them high, said, “It’s 3 o’clock.”

小柄なメキシコ人男性は、ラバの睾丸の下に手を伸ばすと、それを高く持ち上げて言った。「3時だよ」

Amazed by this, the American couple went off to find their friends and tell them the amazing story. “This little Mexican man over there can tell time by lifting his mule’s balls!”

これを見て驚いたアメリカ人カップルは、友人たちを探しに行き、その驚くべき話をした。「あそこにいる小柄なメキシコ人男性は、ラバの睾丸を持ち上げて時間を計れるんだよ!」

Curious and amazed, the friends wanted to see this first-hand, so they went back and asked the little Mexican man what time it was.

不思議がるやら驚くやら、友人たちは実際に見てみたいと思い、引き返して小柄なメキシコ人に時間を尋ねた。

Sure enough, the little Mexican man reached out again, cupped his hands under the mule’s nuts, lifted them up as if to weigh them, and said, “It is 3:15.” The friends checked the time on their watches, and sure enough, the little man was correct.

案の定、小柄なメキシコ人男性はまた手を伸ばすと、ラバの睾丸に手を当て、まるで重さを図るかのように持ち上げ、そして言った。「3時15分だよ」友人たちが腕時計で時間を確かめたところ、確かにその小柄な男性は正確だった。

Blown away by this, the American couple finally asked, “It is just amazing…how do you do that?”

アメリカ人カップルは、これにはあまりに驚いて、ついに聞いた。「いやぁ驚きです、どうやってるんです?」

“Do what?” the Mexican asked.

「なにをするって?」メキシコ人は聞いた。

“Tell the time by lifting your mule’s balls!”

「ラバのタマを持ち上げて時間を知ることです!」

“Ah….” said the Mexican. “I just need to lift his balls so I can see that big clock across the street.”

「ああ」メキシコ人が言った。「ワシがタマを持ち上げたのは、道の向こう側の大きな時計を見るためだよ」

(サイト『The-Jokes.com』より出典、メルマガ著者訳)

 

邪魔っけでしたね、まったく向こうが見えないほどでした。大体、アレは時間によって変わるものじゃありません。年中、力無く、しているものです。

たまに「妙に正確な腹時計」を持っている人っていますね。おなかの減り具合をジッと睨むと、10分単位で時間を言い当てます。きっと食いしん坊なんでしょう。

ぜひ毎週届く英語ジョークで、楽しく笑いながら英語力を磨いてください。

image by:Tati Nova photo Mexico, shutterstockより

笑える英語(無料版)この著者の記事一覧

続かない方に–殿堂入り定番メルマガで英語脳作り!スタンダードジョークで笑って英語嫌いを治しましょう。TOEIC・英検対策、日常英会話・英単語力向上もまずはここから。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 笑える英語(無料版) 』

【著者】 笑える英語(無料版) 【発行周期】 ほぼ週刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • そんなモノを持つだけで時間がわかるの?【笑える英語ジョーク】
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい