五反田55億地面師事件、なぜ積水ハウスは「ど素人」に騙されたか

abe20181024
 

昨年8月に発覚し、その被害額の大きさに世間が驚愕した「積水ハウス55億円詐欺事件」が今月急展開を見せ、関わった人間のうち9人(10月24日現在)が逮捕されましたが、土地の所有者の「なりすまし役」は設定もろくに覚えられない「ど素人」とも言うべき高齢女性でした。なぜ日本を代表する住宅メーカーがいとも簡単に55億円もの大金を騙し取られたのでしょうか。今回のメルマガ『伝説の探偵』では同事件直後に「探偵が調査。積水ハウスから63億円を騙し取った『地面師』の黒幕」で詳細なレポートを届けてくださった現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんが、その謎に迫っています。

積水ハウス巨額詐欺事件で、偽の土地所有者役をやらされた「ど素人」

積水ハウス55億円詐欺事件で、逮捕者が相次いでいる。「伝説の探偵」では事件当初に「探偵が調査。積水ハウスから63億円を騙し取った『地面師』の黒幕」でこの事件をレポートしたが、新たな局面を迎えたといえるだろう。

積水ハウス五反田地面師事件とは

東京、五反田駅から徒歩3分ほどのところに「海喜館うみきかん)」という古い旅館があり、これが約600坪がまとまった土地で、この所有者になりすました地面師(土地に関する詐欺師)集団が、不動産大手の積水ハウスを騙し55億と7億円相当のマンションを騙し取ったという事件である。

逮捕者を見る限りプロの地面師だらけだが

積水ハウス巨額詐欺事件では、すでに逮捕者が出ている。指名手配となった首謀者は2018年10月に海外逃亡を図っている。「戻り次第」と言うことだが、果たして戻って来るのか、疑問である。

他にもAPAの土地所得事件で逮捕起訴されているメンバーや新橋資産家怪死事件(資産家女性が怪死、所有不動産が転売された事件)の関係者、政界の資金源ではないかと言われている会社経営者、地面師で得た資金を元手に闇金へ高利貸しをして資金を転がす人物までいる。

もはや、海喜館を舞台に積水ハウスを騙すために結成されたプロの詐欺集団というところだろう。地下では、「オーシャンズ12」になぞられて、「小山ーズ12」と呼ばれているらしいというバカバカしい噂さえ飛び交う。

ただ、解せないのは所有者役となった高齢女性である。この人物のみ他のメンバーと比べると、異質なのだ。

手配師は有名地面師

積水ハウス巨額詐欺事件において、私が注目したのは、手配師となった高齢女性A氏だ。APAが13億程度やられたという不動産詐欺事件や新橋資産家怪死事件にも関与し、それ以前も複数件の地面師が起こした詐欺事件で逮捕を繰り返しされている地面師としては有名人である。

都内繁華街を根城にしており、異名すらもつ70過ぎの婆さん。ある意味、詐欺妖怪とも言えるだろう。このA氏が所有者役として連れてきたのが、現在逮捕され、唯一容疑を認めている羽毛田正美容疑者であった。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 五反田55億地面師事件、なぜ積水ハウスは「ど素人」に騙されたか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい