ヨーロッパ最高の知性が断言。日本の「利他主義」が21世紀を救う

shutterstock_638086297
 

先進国では出生率が低下し高齢化が進行するのに反し、世界の人口は2050年には現在よりも25億人増加するそうです。それだけ増えた人口を養うほどの世界経済の成長は見込めるのでしょうか。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者でマンション管理士の廣田信子さんが、「ヨーロッパ最高の知性」と称さる経済学者、ジャック・アタリ氏の著作の内容を引きながら、これから世界が進むべき道について考察しています。

改めて「21世紀という時代」を考える

こんにちは! 廣田信子です。今の世界は、成長し続けるしかない金融資本主義の終焉に最後の抵抗をしている…私にはそう見えます。

日本の人口が減少することと反比例するように世界全体の人口は増え続けます。2050年の世界人口は、95億人現在より25億人増加)になるといいます。先進国では、総じて、出生率は低下し、高齢化が進みます。それに対して、アフリカの人口は10億人から25億人へと2.5倍に急増するのです。地球の環境悪化で農作物の生産も難しい地域が多数出ると予測される中で、増加した人口を地球は養い切れるのでしょうか。世界経済は、成長を続けることができるでしょうか。

世界の人口が増加していく中で、人口の減少が避けられない日本でこれまでの延長線上での経済成長が見込めないことは、もう受け入れざるを得ない事実ではないのでしょうか。日本は、どこかで方向を転換し自分達の特性を生かし力を合わせることで自分達の身の丈にあった社会を作っていくことが一番の生きる道ではないかという気がします。

ソ連崩壊、リーマンショック、新たなテロの脅威、インターネット社会などを予測し、的中させてきた「ヨーロッパ最高の知性」と称さる経済学者、ジャック・アタリ氏は、著書『21世紀の歴史』の中でこれからの世界を予測しています。

世界の秩序は、次の5段階を同時に、あるいは順番に進むことになるとしています。第一段階は、これまで世界の秩序を司って来た米国のパワーが相対的に衰退する局面、第二段階は、力を持つ10~20ヵ国が共同で世界秩序をつくろうと模索する局面、第三段階は、国家の枠を越えて市場の力が世界をリードする局面、第四段階は、大きな混乱や戦争などの超紛争が起きる局面、第五段階は、世界の協力と調和による超民主主義が登場する局面、です。

現在は、米国の相対的な衰退が起きている第一段階の終わり、第二段階を摸索している状況でしょうか。同時に、第三段階も進んでいます。世界各国で発生している紛争やテロを思うと、第四段階の芽もすでに生まれています。いかに第四段階のダメージを少なくして、第五段階に進めるかが21世紀の課題なのではないでしょうか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ヨーロッパ最高の知性が断言。日本の「利他主義」が21世紀を救う
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい