世界中にくすぶる戦争の火種をよそに中国へすり寄る日本財界の愚

 

ロシアの意識は「戦時中」

さて、2014年3月のクリミア併合。これ、世界的に見ると、圧倒的に「ロシアが悪い」。しかし、ロシアに住むロシア国民で、「わが国が悪い」と思っている人はほとんどいません。

まず、2014年3月が「事件発生日」と、彼らは考えない。2014年2月、ウクライナで革命が起こり、「親ロシア」のヤヌコビッチ政権が崩壊した。そして、「親欧米」政権ができた(これが事件の発端)。

新政権は、「ロシア黒海艦隊をクリミアから追いだし、NATO軍を入れる!」などと宣言している。。プーチンは激怒して、「もともとロシア領だったクリミアを取り戻した」という認識なのです(事前に住民投票が実施され、98%がロシアへの併合を支持したとされる)。

ロシア側の主張がどうあれ、ロシアは世界的に孤立しました。制裁がはじまり、どんどん強化されていった。そのプロセスは、今も終わっていない。ロシア国民は、「わが国はアメリカと戦争状態にある」と感じながら生きています。

一方、クリミア併合は、かつてソ連の一部だったバルト三国や、事実上の支配下にあった東欧諸国を恐怖させました。「ロシアは、ウクライナを支配し、次にバルト三国、東欧と進軍してくるつもりだ」と感じ始めた。

私の親友のポーランド人は、モスクワ国際関係大学の同級生。モスクワにいたときは親ロシアでしたが、今では、すっかり反ロシアになり、「侵略に備えよ!」などといっている。つまり、東欧の人たちも、「戦争が迫っているという危機感を感じながら暮らしている。

イギリスで今年3月、ロシアの元スパイスクリパリさん暗殺未遂事件が起こりました。イギリスは、即座に「ロシアの仕業だ!」と断定(ロシアは、否定)。アメリカや欧州諸国を巻き込み対ロシア制裁を発動しました。「スクリパリ暗殺未遂事件」につかわれたのは、「ノビチョク」という「化学兵器だ」と発表された。それで、イギリス国民は、「ロシアがわが国を化学兵器で攻撃した」と理解した。東欧だけでなく西欧もロシアの脅威を身近に感じるようになった。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 世界中にくすぶる戦争の火種をよそに中国へすり寄る日本財界の愚
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい