世界中にくすぶる戦争の火種をよそに中国へすり寄る日本財界の愚

kitano20181113
 

11月9日、「冷戦終結後最大規模で仮想敵国がロシア」というNATOの軍事演習が実施されたと報じられました。これを受け国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、ロシアと東欧の紛争、スパイ暗殺事件、北朝鮮情勢など、ここ10年だけでも「軍事演習が必要なほど緊迫」している世界各地の実情を列挙し、「日本の危機感のなさ」に警鐘を鳴らしています。

【平和の島】日本の危機

日本は、本当に平和な国です。たとえば、「世界大戦の準備が着々と進められている」と聞いたら、普通の日本人はどういう反応しますか「ネトウヨ?」「トンデモ?」「陰謀論者?」。これが、ごくごく普通の反応だと思います。たとえば、こちらをごらんください。

<NATO>冷戦後最大の軍事演習 「仮想敵国」はロシア

毎日新聞 11/9(金)22:41配信

 

北大西洋条約機構(NATO)が対ロシアを念頭に、冷戦終結から最大規模となる軍事演習を北欧ノルウェーで展開している。ロシアによるウクライナへの軍事介入(2014年)やサイバー攻撃などを組み合わせた「ハイブリッド」型の脅威に身構える西側諸国が強い対抗姿勢を示した形。演習に対してロシアは激しく反発する。演習直前には、米国がソ連(当時)と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を表明したことで、米露の軍拡競争活発化の懸念も強まる。世界は「新冷戦」のとば口にあるのだろうか。

【トロンヘイム(ノルウェー中部)で八田浩輔】

これ、どうですか?NATOは冷戦後最大規模軍事演習を行っている。仮想敵ロシア。なんでそんな話になっているのでしょうか?

世界で今起こっていること

世界で今、何が起こっているのでしょうか?ここ10年を超特急で振り返ってみましょう。08年リーマンショックからアメリカ発「100年に一度の大不況」が起こった。この時、アメリカは沈みましたが、中国は逆に浮上した。世界が沈む中、この国は9~10%の成長をつづけた。

アメリカは沈んだ中国は浮上した

それで、中国は「本性」を現します。2010年尖閣中国漁船衝突事件」。明らかに中国が悪いにも関わらず、レアアース禁輸など、厳しい制裁を日本に科した。2012年9日本は尖閣を国有化。同年11月、中国は、ロシアと韓国に「反日統一共同戦線戦略」を提案。「日本壊滅作戦」に乗りだしました。全国民必読証拠はこちら。

反日統一共同戦線を呼びかける中国

私は2012年11月、「新日中戦争がはじまったと認識しました(「武器を使う戦闘行為」は起こっていませんが、「戦争」には、「情報戦」「外交戦」「経済戦」などが含まれます)。

私は以後、ずっと「戦時中」という意識で生きています。そして、私のミッションは、

  • 第1に、日中戦争(戦闘)を回避すること
  • 第2に、万が一日中戦争(戦闘)になっても、日本必勝の状態をつくっておくこと

この2つを常に意識しながら、情報発信をしてきました。その集大成が、『中国に勝つ日本の大戦略』(北野幸伯 著/扶桑社 )。08年以降何が起こったのかを超詳細に記し、中国の戦略を無力化する方法も、具体的に書いています。まだの方は、是非ご一読ください。

この後中国は、「日本は右傾化している」「日本は再び軍国主義化している」「日本は歴史の修正を目指している」と大々的にプロパガンダしました。その証拠として挙げたのが、「総理の靖国参拝」「憲法改正」「東京裁判史観の見直し」などだった。

2013年12月安倍総理が靖国を参拝した。すると、思いがけず世界的大バッシングが起こった。中韓のみならず、アメリカ、イギリス、EU、ドイツ、ロシア、オーストラリア、シンガポール、台湾などが、日本を強く非難した。特に大々的だったのがアメリカメディアです。

日本政府は、大いに驚きました。「小泉さんは、在任中6回も参拝して、ほとんど批判されなかった。なぜ安倍総理が1回参拝しただけで、これほどひどく叩かれるのか????」

しかし、世界にその理由を知っている人たちが3万6,000人ほどいました。それが、RPEの読者さんです。RPEでは、「反日統一共同戦線戦略」のことを語っていましたし、「靖国参拝で一番喜ぶのは習近平である!」として、靖国参拝に反対していた。(念のために書いておきますが、私が靖国参拝に反対だったのは、それが中国の罠だから】です。「道義的」には参拝に大賛成です)。

2014年初め日本は世界で孤立していました。中国の思惑どおり、中国、アメリカ、ロシア、韓国が日本をバッシングし、それに、欧州、オーストラリア、東南アジア諸国が便乗するような状態になっていた。ところが、2014年3月ロシアがクリミアを併合したことで、日本と安倍内閣は救われました。なぜ?アメリカは、「対ロシア制裁」を主導せざるを得なくなった。その制裁網に、日本を加える必要があったからです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 世界中にくすぶる戦争の火種をよそに中国へすり寄る日本財界の愚
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい