【書評】なんでも首相のせいにする「アベノセイダーズ」の反日度

1113_creater
 

世の不満はなんでも安倍首相の責任とする人々が後を絶ちません。そんな面々を「アベノセイダーズ」と命名し、理路整然と「めった斬り」する書籍が話題となっています。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、そんな1冊を紹介しています。

61sp1lXu1JL『反安倍』という病 拝啓、アベノセイダーズの皆様
八幡和郎・著 ワニブックス

八幡和郎『『反安倍』という病 拝啓、アベノセイダーズの皆様』を読んだ。「アベノセイダーズ」とは、世の中で不満なことは何でも安倍首相に責任ありと主張する人たちのことをいう。安倍首相の名前が出ただけで冷静さを失うような人たちが、マスメディアを支配して叫ぶから、いつも政権末期のようだ。

亜種として、「安倍だからダメだーす:天変地異でもスポーツの成績でも悪いことはすべて安倍首相に原因がある。同じことをするにしても、安倍首相だからダメだ」というムチャクチャな連中がいる。基本的に憲法改正に賛成だが、安倍内閣下では、内容にかかわらず反対、というのが元民主党の輩なのだ。

さらに「なんでも憲法のお陰だーず:平和が守れるのも経済が繁栄するのも政治の舵取りが良かったのではなく、憲法が良いからだ」という知的退廃した連中もいる。「憲法第九条があるから戦争に巻き込まれない」って……。日本には第九条があるから外国は攻めてこないかというと、そんなことあり得ない。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】なんでも首相のせいにする「アベノセイダーズ」の反日度
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい