後悔しないために。猫好き科学者が勧めるペット用ノミ駆除剤は?

shutterstock_667480576
 

防虫剤や殺虫剤に含まれる成分の中には、昆虫だけではなくペットや人間にも害を及ぼすものもあるようですが、素人には容易に判別することができません。今回の無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』では著者で科学者のくられさんが、ペット用のノミダニ駆除剤に含まれている成分の化学的特性を解説したうえで、費用対効果面も含めた安全性について解説しています。

ペット用 ノミ駆除剤の話

最近Amazonのレビューでとにかく悪評が立っている「アース・バイオケミカル 薬用アースサンスポット」が話題になっています。名指しで商品批判する…というわけではないのですが、実は我が家でも過去に使用後、具合が悪くなったこともあり、個人的にも要注意な商品ではありました。その後、ノミ駆除にはフロントライン一択で、必ず獣医さんのところで買っております。

そういうこともあり、各社の首元に垂らしてノミダニ駆除を行う薬剤の成分をチェックしました。

  • 薬用アースサンスポット 6本入り1,800円前後
    フェノトリン、ジョチュウギクエキス、ピリプロキシフェン
  • CattyMan 薬用ペッツテクト 猫用 3本入り1,400円前後
    フェノトリン、dl・d-T80-アレスリン、ピリプロキシフェン
  • バイエルメディカル アドバンテージプラス 猫用 3本入り1,400円前後
    イミダクロプリド、ピリプロキシフェン
  • ベーリンガーインゲルハイム 猫用フロントラインプラス 6本入り4,500円前後
    フィプロニル、(S)-メトプレン
  • ゾエティス レボリューション 6本入り5,000円前後
    セラメクチン
  • ファイザー ストロングホールドプラス 3本入り3,300円前後
    セラメクチン、サロラネル

こうやってみると、薬用アースサンスポットは圧倒的に安いので、これで安全であれば特に問題はなさそうなのですが、意外なくらいに各社成分がマチマチです。

以降、これらの成分をそれぞれ紹介していくのと、使って良い場合使わないほうが良い場合なども含めて解説していこうと思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 後悔しないために。猫好き科学者が勧めるペット用ノミ駆除剤は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい