現役精神科医がオススメする絶対に起きられる目覚ましアプリとは

shutterstock_609993476
 

音から始まり・振動・光・さらには香りと、人間は起床するための様々な方法を試行錯誤してきました。今回の無料メルマガ『セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術』では著者で現役精神科医のゆうきゆう先生が、様々なツールを試し続けてようやくたどり着いた「優れもの目覚ましアプリ」について、そのお試し体験記と画期的な成果について紹介します。

絶対に起きられる目覚ましアプリ

こんにちは!ゆうきゆうです!さて自分自身、現在1.5時間~3時間前後の睡眠時間で生活しています。いわゆる「短眠」です。「え、そんなことしたら、体調崩さない?」という疑問も湧き上がるかもしれません。しかしその心配はまったくありません。

実は「睡眠時間が少ないと健康に悪いという思考は間違い」。よく「睡眠時間は7時間の人がもっとも長生きした」「睡眠時間が短くなると集中力が落ちた」などの研究結果もありますが、実はその研究すらも、実際を知ると、「信用できない」内容だったりします。それどころか事実は逆で、「睡眠時間が少ないほどかえって病気になりづらいのです。このあたりについて、現在、「マンガで分かる肉体改造~短眠編」を作っていますので、あと少しお待ちいただければ幸いです。

何にせよ今回のメインは、短眠の話ではありません。

短眠だからこそ、目覚めたい!

実は短眠とはいえ放っておいても起きられるわけではありません。何もしないと、長い時間、寝過ごしてしまうこともあります。そのため目覚まし時計やアラーム、さらに目覚ましアプリなどを色々と試したのですが、中にとても面白いアプリがありましたので、今回はこちらを紹介させていただきます。

これは短眠されてない方でも、もちろん使えるアプリなので、ぜひご覧ください。

その目覚ましアプリこそが「おこしてME」というもの。

● おこしてME(アラーム)- Alarmy App Store

うん。あえて日本語訳するなら「おこして、自分を」でしょうか。日本語訳する意味があったのかは一切不明ですけども。とにかくアプリの名前がそこまでオシャレじゃないんですが、これはおそらく、起こすパワーにその分エネルギーが割かれたんだと思います。そういうことに。

さて、実はこのアプリ、普通に音を鳴らして目を覚まさせてくれるわけではありません。ほら、あなたにも覚えがありませんでしょうか。「目覚ましがなったけど、無意識に消してしまい、そしてそのまま二度寝」なんてこと。これ、どんなに爆音量で目覚ましをかけようとも生じ得る問題で、そこをいかに解決するかが重要でした。しかし、その問題にたいしての解決策を示したのが、このアプリなのです。

print
いま読まれてます

  • 現役精神科医がオススメする絶対に起きられる目覚ましアプリとは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け