『SPA!』女子大生記事の大炎上に、何でも単純化する現代を憂う

shutterstock_1065274265
 

年末から年始にかけて続いた炎上騒ぎの中で、「ヤレる女子大学生ランキング」という記事を掲載し批判の対象となった『週刊SPA!』。この騒動に関して健康社会学者の河合薫さんは、メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、憤りと嘆きを表明し、さらには何でも単純化してしまう現代の風潮について分析しています。

ヤレる?ランキング?って何?怒

年明け早々、炎上騒ぎが続いています。

  • 2018年12月末に公開された西武・そごうのメッセージ広告「わたしは、私。オリジナルムービー」
  • 自民党の平沢勝栄議員の「性的少数者(LGBT)ばかりになったら国はつぶれる」発言
  • 週刊誌『SPA!』の「ヤレる女子大学生ランキング」

個人的な見解を先に述べておきますと、

  • 西武・そごうについては「別に」
  • 平沢議員については「呆れる」
  • SPA!に関しては「バカだね~」

といった感じでしょうか。平沢議員に関する意見は、1月11日公開のITmediaで取り上げましたので、今回の「裏返しメガネ」では、SPA!問題を取り上げようと思います。まずはこれまでの経緯を振り返っておきましょう。

『週刊SPA!』が18年12月25日号で、「ヤレる『ギャラ飲み』実況中継」と題した特集を掲載。内容は男性が女性の飲食代を負担し小遣いも渡す「ギャラ飲み」の実態を紹介したもので、ギャラ飲み後に性交渉に発展しやすい大学を「ヤレる女子大学生RANKING」として紹介しました。

ランキングは男女のマッチングサービスを運営する「ハイパーエイト」の社長の意見をもとに作成されたもので、都内の大学を1~5位までそれぞれ「男ウケの良さを磨いている」「横浜方面に住んでいて終電が早い」などと理由も掲載。これに対して批判が殺到し、署名サイト「change.org」で「女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい」との呼びかけがスタート。1月7日時点で2万4000筆も集まりました。SPA!編集部はその後、謝罪コメントを発表

「『より親密になれる』『親密になりやすい』と表記すべき点を読者に訴求したいがために扇情的な表現を行ってしまった」とのこと。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 『SPA!』女子大生記事の大炎上に、何でも単純化する現代を憂う
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい