高城剛の未来予想2019「今後、アメリカ西海岸で独立運動が起こる」

DSC01959
 

メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』の著者で、世界を股にかけて活躍するクリエーターの高城剛さん。昨年末にその一部を紹介した年イチ恒例のロングインタビューを、2回に分けてお届けします。今回も混迷極める世界情勢の大胆予測や、各国で解禁が進む大麻の今後、さらに日本の観光業や健康の話などなど、まさに盛りだくさんの内容です。

【関連記事】● 高城剛が明かす、ファーウェイ問題とゴーン逮捕を結ぶ「点と線」

【関連記事】● 高城剛の未来予測「安全な『日本製大麻』を東京で」の好機到来?

フランスの暴動はもはや市民戦争だ

──先ほどの「ゴーン逮捕」と「ファーウェイ問題」の話題でも話が挙がりましたが、米中による貿易戦争。今後はどうなりそうですか?

高城:本質は、貿易戦争ではなく、米中覇権戦争ですので、当分揉めるでしょうね。次は、金融戦争になると思います。だから、今後も続いていくでしょうね。

──米中の貿易戦争が発展して、世界的な経済戦争が起こるとしたら、どの国がどの陣営に付くかというところも、気になるところですが……。

高城:現在、「良いとこ取り」して統合しようとした「EU」と言う名の社会実験は、もはや失敗だった事が、誰の目にも明らかになりました。いま欧州が、米中覇権争いに参戦する余裕は、とてもないでしょう。

EU各国情勢を簡単にまとめると、まずドイツメルケル政権が、事実上の崩壊に直面しています。一般的には、ヨーロッパの中で唯一好景気と言われているのがドイツですが、実際は、ドイツ南部のバイエルンだけなんです。ここは、荒廃したベルリンとは違う温暖な豊かな地域で、アディダスやシーメンス、BMWといった大企業が集まりますが、ベルリンとは気風がまったく違う。ドイツは基本的にプロテスタント国家ですが、バイエルンだけはカトリックが多い土地柄です。

数ヶ月前の2018年10月に、バイエルンの州議会選挙があったんですが、戦後初めて、CSUというメルケル首相が率いるCDUのパートナー政党が大敗したんです。もう、これだけでも顕著ですが、第二次世界大戦以降のフレームが、いま、大きく変わりつつある。その上、極右と極左、それに非政治家の団体が議席を多く取りました。

今のヨーロッパ政治のトレンドは、非政治家なんです。リベラルも保守も終わり。イタリアも同じような状況で、現在、「五つ星運動」が大躍進して、今や政権の中枢にまでなりました。その党首のルイジ・ディマイオはちょっと前までウェブデザイナーで、政治家でもなんでもありません。いまや、新参者が政治のシステムの中枢に入って来て、国家を再構築するというのが、ヨーロッパでは主流になっていて、大きく変化しようとしています。簡単に言えば、第二次世界大戦後に築かれた既得権を壊し、結果、社会システムを大きく変えようとしている。フランスは暴動が起き、全フランスの暴動マップが、BBCで毎日アップデートされてるぐらい「あたらしい当たり前」が、はじまってるんですよ、欧州で。「今日は、ここが燃えてます」みたいな。まるで、天気予報のようです。

今回のフランスの暴動は、英語では「アンチ政府デモ」(The anti-government demonstrators )と呼ばれていて、もう警官が市民の味方してますよね。軍隊の装甲車が市民に向かってるから。こうなると、もう市民戦争です。年末に、黄色いベストのレジスタントが、マクロンが滞在する地中海の城を取り囲みました。この状況を「あたらしいフランス革命」っていう人がいますけど、確かにそう見えますが、大きな事変的出来事は、もう少し先になると僕は考えています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 高城剛の未来予想2019「今後、アメリカ西海岸で独立運動が起こる」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい