高城剛が明かす、ファーウェイ問題とゴーン逮捕を結ぶ「点と線」

アイキャッチ
 

メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』の著者で、世界を股にかけ様々なメディアで活躍しているクリエーターの高城剛さん。来年初頭に公開予定の年イチ恒例ロングインタビュー収録時に、真っ先にお聞きしたのが、ここ最近大きな波紋を呼んでいる「ゴーン逮捕」と「ファーウェイ問題」について。これら2つのニュースを結ぶ、今夏の「意外な出来事」とはいったい何だったのか。高城さんが私見たっぷりに語ってくれました。

「ゴーン逮捕」の伏線は、すでに今夏にあった

──最近の日本国内は「ゴーン逮捕」と「ファーウェイ問題」のニュースで持ち切りです。高城さんはこの2つのニュースについて、自身のメルマガで「同根である」と語られていましたが、それは一体どういうことなんでしょうか。

高城 :これらの話は、もっと俯瞰的に見た方がいいと、僕は思っています。

まず「ゴーン逮捕」ですが、この話は今年の夏にイーロン・マスクがSEC(アメリカ合衆国証券取引委員会)に訴えられた出来事から始まっているというのが、僕の見立てです。

実は最近のテスラを支えていたのは、中国だったんです。ここ数年、テスラと中国との関係は蜜月で、中国政府のオフィシャルのイベントにイーロン・マスクが出たり、上海市の郊外にテスラの工場を、主には中国からの資金提供で作ったりと、中国国内で精力的に活動していました。今年の6月には、上海の市長と固く握手をしているのが、向こうのメディアにも大々的に報道されています。

そんな状況下で、SECはイーロン・マスクを訴えたんですが、どうして訴えられたかというと、イーロン・マスクがTwitterに書いたジョークが原因だったと。どういうジョークだったかというと、「テスラを1株420ドルで非公開化することを検討している。資金は確保した」っていう内容だったんですが、これがなぜ冗談だとわかるのかというと、この「420」という数字は大麻を指す隠語なんです。これはアメリカ人の大人ならほとんどが理解している、周知の事実です。

余談ですが、ここ近年アメリカでは大麻が急速に市民開放されていて、この「420」にちなんで、4月20日になると各地で大パーティが開かれます。例えばカルフォルニアなら、サンフランシスコのゴールデンゲートパークという一番デカい公園にみんなが集まって、4月20日の午後4時20分になったら一斉に大麻に火をつけようっていうイベントが開かれるのが恒例になっています。以前なら、そういう集まりは警官が取り締まるところでしたが、大麻が合法化されてからは、大麻を吸ってる市民を警官が守るようになりました。時代が変わったことを象徴するイベントで、毎年ニュースにもなっています。このように、「420」っていう言葉の意味は、誰もが分かってることなんです。

ところが、それにもかかわらずSECはイーロン・マスクの「420」のツイートに対して、「風説の流布だ」「けしからん」っていうことで訴えたんです。これって完全にアメリカ政府の因縁だし、中国に対するボディブローですよね。

その結果、恐らくかなり大きな司法取引があったと思うんですが、イーロン・マスクは会長を辞任し、テスラ内での権限をはく奪され、代わりにアメリカ政府の意に適う取締役を入れられてしまった。これでテスラは、完全にアメリカから動けなくなったんです。

世界の裏を知り尽くした高城さんのメルマガ詳細はコチラ

 

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 財布にレシートぎっしり…ズボラ男にありがちなコンビニでの迷惑行動
    財布にレシートぎっしり…ズボラ男にありがちなコンビニでの迷惑行動
    (三井住友カード)
  • 高城剛が明かす、ファーウェイ問題とゴーン逮捕を結ぶ「点と線」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい