NYで働く日本人女性が、たった2ヶ月で「すっぴん」出勤になる理由

shutterstock_785100208
 

ファッションにおいても最先端の街というイメージがあるニューヨーク。しかし、メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で、米国の邦字紙「NEW YORK ビズ!」CEOの高橋克明さんは、「ニューヨーカーはダサい」と一刀両断。高橋さんのオフィスで働く女性もファッションに無頓着。そしてかくいう高橋さんも、着るものはワンパターンだとか。ニューヨークのファッション事情はいったいどうなっているのでしょうか?

ダサいニューヨーク

実はニューヨークってダサいんです。東京の方がずっと洗練されている。雑誌に載っているスタイリッシュな人はごく一部。『セックス・アンド・ザ・シティ』のような人はおそらく統計でいうと10%もいない。

世界中から人が集まっているので、流行がひとつではない。ニューヨークは実は「先端」ではなく、「多様性」なんです、とは、以前インタビューしたNY在住の芸術家、千住博さんの言葉。なので、日本のように全員が同じトレンドを追いかけて、それに乗り遅れたら「古い」と言われなくても済むというメリットはあります。

アメリカに比べて日本が嫌いという意味ではなく、日常生活の中では僕は東京に住んでいなくてよかったと思うことがあります。東京に住んでいたら、ひょっとすると今日もファッション誌をチェックして、雑誌に載ってるようなおしゃれな隠れ家的ダイナー(笑)に通って、流行りのアパレルを追いかけていたかもしれない。そう考えると、世界中の人間が集まって好き勝手なトレンドを追いかけている、もしくは追いかけなくていい、ニューヨークは楽かもしれません。

30年前のならともかく、一昨年のワールドシリーズのTシャツを着てたり、ケミカルウオッシュのジーンズにぴっっかぴかの真っ白なスニーカーを履いてたりの確かに、信じられないくらいダッサイ格好のニューヨーカーは日常的に目にします。全身スーツに野球帽は日にひとりは目にします。

もちろんおしゃれな人は、東京人以上におしゃれですが、無頓着な人は、栃木県民以上に無頓着です(怒られるぞ、オレ)。

ターバン被ってるインド人タクシーの運転手や、全身黒づくめ衣装で真夏でも目付近しか露出していない中東の女性もいっぱいいるので、そこまで人のファッションに注目してる人も少ないのかもしれません。そういった意味では自由です。みんな好きな格好をしている。逆に気をつけなければいけないのは、あまりに自由なので、在米期間が長くなればなるほど、無頓着になっていくこと。

先日、日本からインターンとして入社した20代の女性は、とても綺麗な身なりで、着ているもの、髪型にも気を使っている今時の子。「日本から来ました、って感じだな」と面接終わりに、うちの社員たちにつぶやくと、「最初の1ヶ月だけですって」と、髪の毛輪ゴムで留めてる編集の女性社員。「2ヶ月目から、どうせすっぴんっすよ」とサンダル履いたデザイナーの女性社員。確かにふたりも、というか、みんな最初はあんな綺麗な格好をしていたなぁと思いを巡らせていました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • NYで働く日本人女性が、たった2ヶ月で「すっぴん」出勤になる理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい