イチローの父親に学ぶ、子供に「主体的な人生」を送らせる指導法

 

上野選手のお母さんにしてもイチロー選手のお父さんにしても、共通しているのは子ども自身の意思や気持ちを大事にしていることです。親の意思ではなく自分の意思でやりたいことを思う存分やれることで子どもは毎日を生き生きと過ごすことができます。能力も自信も意欲も備わります。

このような子は、生涯にわたって、「自分がやりたいことをどんどん積極的にやっていくようになります。「自分が何をやりたいのかわからない」などと悩むこともありません。

上野選手やイチロー選手と同様、自分の気持ちを大事にされた子どもは自分の資質や才能を開花させていくことができます。何より、無気力でまわりに流されることなく、自分の頭で考え、行動できるようになります。

どの子にも、このような主体的な人生を送れるようにしてあげてほしいと思います。

親野智可等この著者の記事一覧

5年連続でメルマガ大賞の「教育・研究」部門賞を受賞!家庭教育メルマガの最高峰。教師生活23年の現場経験を生かし、効果抜群の勉強法、子育て、しつけ、家庭教育について具体的に提案。効果のある楽勉グッズもたくさん紹介。「『親力』で決まる!」(宝島社)シリーズは30万部のベストセラー。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 親力で決まる子供の将来 』

【著者】 親野智可等 【発行周期】 不定期

print
いま読まれてます

  • イチローの父親に学ぶ、子供に「主体的な人生」を送らせる指導法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け