スタッフが客の集まる理由を「安さ」と思っているのがヤバいワケ

shutterstock_1274114971
 

「なぜ当店を選んでくださったのですか?」などと、お客様に面と向かって聞くわけにはいきません。しかしそこには、価格とは別に何か理由があるはずです。今回の無料メルマガ『飲食店経営塾』では著者で飲食店コンサルタントとして活躍中の中西敏弘さんが、「自分の店にお客さまが足を運んでくれる正しい理由」を知ることの大切さを、わかりやすく解説しています。

「安い」から売れるのではない!「価値」があるから売れるのだ!

あるご支援先の勉強会にて。

その会社が経営している居酒屋の客単価は、2,200円ぐらい。各店売上は、ほぼほぼ好調である。

スタッフに、

自分の店が売れる理由お客さんから選ばれる理由は何だと思いますか?」

と聞くと、

「安いから売れるのでは?…安いから選ばれているのでは?…」

と答える。

しかし、本当に「安いから…」売れるのだろうか?2,200円という価格自体をみると、確かに「安い」かもしれない。

でも今の時代、2200円よりも「安く」利用できる店はたくさんある。だから、「安い」だけが「売れている」「選ばれている」理由ではないはずだ。きっと「価値がある」から、「売れている」「選ばれている」はずだ。2,200円だけど、それ以上の価値があるからこそ、「売れている」はずだ。

「売れている」理由を店のスタッフが理解していることも大切だ。

もし、「安い」だけが理由で「売れている」と思ってしまうと、「安いから仕方ないと考えてしまう危険がある。

「安いから、商品もそれなりでいい…」
「安いから、店が汚くても…」
「安いから、接客もそれなりでいい…」

と現場スタッフが考えがちになる。

だから、どうしても商品や清掃接客に対してスタッフのいいわけが多くなるのだ。

この「いいわけ」が増えれば増えるほど、どんどん顧客満足度が落ち気が付けば、「売れなくなる恐れもある。

だからこそ、店が売れる理由を皆で把握する必要性があるし、店は常に「価値の追求をし続けないと、気が付けばお客様はいなくなるということが起こる。

今の時代、単なる「安さ」だけでは売れない!「価値」がなければ売れないのだ!

だからこそ、店は常に価値の追求をし続けなければならないのだ!

image by: Rei Imagine / Shutterstock.com

中西敏弘この著者の記事一覧

若手飲食店コンサルタントして、人気急上昇中の飲食店経営コンサルタント、中西敏弘が「売れる」飲食店作りの秘訣を論理的に、そして分かりやすく解説します。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 飲食店経営塾 』

【著者】 中西敏弘 【発行周期】 毎週2回

印刷する

人気のオススメ記事

  • スタッフが客の集まる理由を「安さ」と思っているのがヤバいワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい