「親中派」のメルケルが中国を捨て日本に鞍替えした本当の理由

kitano20190207
 

2月4日に行われた日独首相会談の席上、親中派の姿勢を変化させたメルケル首相が「中国の海洋進出や5Gの覇権掌握などの阻止」に向け、日本にも対中戦略で協力体制を求め、両国で大筋合意に到ったとの報道がなされました。これを受け無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、日独の友好関係強化が「我が国の50年先を見据えた大戦略構築への好機になる」として、その理由を詳しく解説しています。

なぜドイツとの関係改善は、超重要なのか?

安倍総理は4日、ドイツメルケル首相と会談しました。

日独首脳会談 “親中”メルケル氏が中国を牽制

産経新聞 2/4(月))22:20配信

 

安倍晋三首相は4日、ドイツのメルケル首相と官邸で会談し、安全保障分野での協力推進のため、両国の機密情報の交換を可能とする「情報保護協定」を締結することで大筋合意した。米中貿易摩擦や保護主義の台頭を念頭に自由貿易の重要性を確認したほか、6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を見据えた協力強化でも一致した。

メルケルさんは、「親中派」で知られています。しかし、今回の訪日でわかったのは、「メルケルさんの対中姿勢が変わってきている」ということ。たとえば、中国の南シナ海での動きをけん制した。

両首脳は中国の海洋進出を念頭に「力による一方的な現状変更の試み」に反対し、法の支配に基づく国際秩序維持のため連携することでも一致した。安倍首相は共同記者会見で「日独がルールに基づく国際秩序維持のために果たすべき責任はますます大きくなっている。自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた協力で一致したことは意義深い」と述べた。メルケル氏は「インド太平洋地域の平和と安定へのコミットを支援する。これは中国の領土的野心とも関係している。中国とは緊密に協力しなければならないが、簡単にことを進めてもらっては困る」と述べ、中国を牽制(けんせい)した。
(同上)

そして、5Gから中国を排除する方向に理解を示しました。

「5G」中国覇権に懸念=メルケル独首相

時事 2/4(月)21:27配信

 

安倍晋三首相は4日夜、ドイツのメルケル首相とともに日独両国の経済人の表敬を首相官邸で受けた。この中でメルケル氏は、次世代通信規格「5G」をめぐり中国が覇権を握ることに懸念を示した。メルケル氏は「中国が(5Gを通じて)最終的にデータを獲得することにならないように、どうすればいいのか」と問題提起。「公正なアクセス方法が必要だ」と強調した。

どうして、メルケルさんは中国への態度を変えたのでしょうか?

そもそもドイツが中国にすり寄っていたのは、「が唯一の原因でした。(日本企業が中国にすり寄っていたのも、「金」が唯一の理由なので、別に「ドイツが特別」というわけでもないでしょう)。ところが、アメリカに叩かれて中国経済がやばくなってきた。それで、日本の方にやってきたのでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「親中派」のメルケルが中国を捨て日本に鞍替えした本当の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい