警告ガン無視レオパレス21、被害者1万4千人を出した経営陣の大罪

768px-Leopalace21_(head_office)
 

2018年5月に「レオパレス21」の施工不良を告発したテレビ東京『ガイアの夜明け』が、2019年2月5日に続報を放送しました。昨年の放送後に約束された同社の物件調査が進んでいない上に、ウェブサイト上では進捗率を誤魔化している実態を報じたのです。今回の件に怒り心頭なのは、『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者でマンション管理士の廣田信子さん。廣田さんは、経営陣による「現場の判断という言い逃れは通じない」と断じ、その理由についても解説しています。

レオパレス21、新たに1324棟の施工不良で1万4000人に引っ越し要請の衝撃

こんにちは!廣田信子です。

2月7日のニュースで、レオパレス21の物件で新たに1324棟の施工不良が発見され、1万4000人以上に引越し要請することになった…と報じていました。

● レオパレス、1324棟施工不良 耐火不足 1万4000人に転居促す

私が、この問題を知ったのは昨年、5月29日放映の『ガイアの夜明け』でした。数戸が並ぶ2階の天井裏が、まったく界壁がなく、広々とした空間になっている映像にぞっとしました。1戸で火災が発生したら、天井裏を通じて、あっという間に、離れた部屋にまで火災が広がるということです。もちろん建築基準法違反です。

火災の延焼防止や遮音目的のために天井裏に防火壁界壁を設けることは、建築基準法で義務付けられている基本中の基本です。申し訳程度に何か壁があっても、隙間があったら、延焼防止目的も、遮音目的も果たせませんからアウトです。

先週の『ガイアの夜明け』で、レオパレス21問題のその後を放送していました。全棟を速やかに調査して対応すると約束したのに、調査も、オーナーへの説明も、改修も進んでいない状況が放映されていました。それなのに、レオパレス21のホームページには、調査進捗率98.47%と表示しているのです。

ある物件では、レオパレス21の調査に市の担当者も同行して、界壁に隙間があることを確認しているのに、その後、レオパレス21からは、「問題なし」という報告書が届けられているのです。

これを見て、レオパレス21の悪質性を再確認しましたが、この放映を受けて、レオパレス21側も、1324棟の施工不良、1万4000人以上に引越し要請という記者会見をせざるを得なかったのでしょう。しかし、現場の判断でやったことで経営陣は知らなかったと言うのです。社長は、「驚いている」…と。「あきれる」を通り越して聞きました。

レオパレス21の物件では、あまりにも遮音性が悪い、壁に隙間がある等々様々な問題がネット上でも指摘されていましたし、一時、経営不振に陥ったレオパレス21が業績回復した陰にこういった組織的な不法行為があったのでは…とも言われています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 警告ガン無視レオパレス21、被害者1万4千人を出した経営陣の大罪
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい