長野県松本市のある高校で脈々と続いていた「カレーコンパ」秘話

1024px-Kamado-M1685
 

どこか懐かしい食べ物を愛情込めて紹介する無料メルマガ『郷愁の食物誌』。今回は、誰もがなんらかの思い出や思い入れ、さらには現在進行系のこだわりをもつ人もいるであろう「カレー」にまつわる思い出です。著者が通っていた松本の高校で続いていたという「カレーコンパ」とはどんな催しだったのでしょうか?著者によれば同じ市内でも他校ではなかった伝統で、全国の学校で同様の催しがあったのかは不明のようです。

カレーコンパの思い出

カレーは、昔も今も食卓の人気メニューである。それだけに、みなそれぞれにカレーについては、なつかしい思い出なり、思い入れみたいなもがあるに違いない。

ところで、私が昔々、通っていた松本のF高校校舎と校舎の間に小さな棟があり、そこには大きなかまどが並んでいた。果たして、二つだったか四つだったか、思いだせない。とにかくかまどがあった。ごはんを炊くかまどであり、大きな鍋でカレーを煮るかまどであった。

高校生だから、コンパといっても、酒をのんで宴会というわけにはいかない。われわれ高校生にとって、コンパとは、みなでワイワイいいながら飯を炊き、カレーを煮て、またワイワイいいながら、カレーをむさぼり食うことだった。

こういう習慣が、いつごろから行われていたのか、ひょっとして前身の旧制中学校時代のころからあったのか、当時の松本市内の高校全般に行われていたのか、はてまた全国的なものだったのかわからない。ほんとうは、私が通った高校だけのことかも知れないが、当時はなんとなくどこでもやっているものとも思っていた。

コンパは、クラスでやる場合もあるし、自分の属しているクラブでやる場合、あるいは出身中学校別の親睦会の場合もあるし、生徒会の役員の集まりなどの場合もあるなどさまざまだった。いろんな集まりでやるので、かまどと調理場は予約でいっぱいというかスケジュールの取り合いだったのだろう。

コンパのカレーは、とにかくうまくて楽しくて、その印象が強いせいか、薪は(もちろん燃料は薪)どう調達したのか、野菜や肉は買うとして米はどうしたのか、多分持ちよったのだと思うのだけれど、そこら辺の記憶は欠落している。煙にむせながら火吹竹を吹いたり、かまどのまわりで火の番したような気がするが、ここら辺もおぼろだ。

ところでコンパとなれば、ここぞというばかりに活躍するやつがいて、カレー作り、ごはん作りのそれこそ名人が、どこのクラスなどにもいたものである。あれから、半世紀以上も過ぎ、あのコンパの伝統は、果たして今も続いているのだろうか。あの校舎の間にあったかまどはどうなっただろうか。

母校の創立百年を記念して発行された分厚い記念誌には、このコンパのカレーについては記述はなかった。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 長野県松本市のある高校で脈々と続いていた「カレーコンパ」秘話
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい