NYの奇跡。伴走者ではなく「伴走盲導犬」とハーフマラソンを完走

shutterstock_515583157
 

ニューヨークのど真ん中を走る人気の市民マラソン「ニューヨーク・シティ・ハーフマラソン」で、史上初の快挙が達成されたと大きな話題となりました。伴走者と走るのが当たり前となっている盲人ランナーが、3匹の盲導犬の誘導でハーフマラソンを完走したのです。この驚きの出来事について、詳しく紹介してくれるのは、『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者、りばてぃさん。なんとすでに、24匹もの伴走盲導犬が誕生しているそうです。

史上初めて盲導犬とハーフマラソンを完走!

今週末、ニューヨークでは点字や盲導犬に関する話題がいくつかあった。まず、3月17日に開催したニューヨーク・シティ・ハーフマラソン(以下NYCハーフ)で、盲目のランナーが盲導犬と一緒にレースを完走し史上初の快挙を成し遂げたというニュースだ。

盲目のランナーさんのお名前はトーマス・パネク(Thomas Panek )さん。一緒に盲導犬として走ったのは、ウェストリー(Westley)くん、ワッフル(Waffle)ちゃん、ガス(Gus)くんのラブラドール・レトリーバーの3匹

トーマスさんは盲導犬の誘導によって13.1マイル(約21キロ)を2時間20分51秒でゴールしたのである。NYCハーフは、ブルックリンのプロスペクト・パークをスタートしてタイムズスクエアのど真ん中をセントラルパークに向かって北上。公園内でゴールとなるコース。

特にタイムズスクエアの沿道の応援がもの凄く、また、ど真ん中を走る開放感は他では味わえないものとなっており、ニューヨークで開催されるマラソン大会の中でも1、2位を争う人気レースで、2万人ほどが毎年参加している。

そんな大人気のレースの誘導は3匹の盲導犬が交代で行った。ウェストリーくんがスタートから5マイル(約8キロ)まで、ワッフルちゃんが5マイル地点から10マイル(約16キロ)まで、そして、長年盲導犬としてトーマスさんを誘導してきたガスくんが最後の3マイル(約5キロ)を走った。

それぞれの平均速度は、ウェスリーがマイル8分30秒(1キロ5分17秒)、ワッフルが8分(4分58秒)、ガスが9分(5分36秒)。けっこう早い。なお、途中の水休憩や盲導犬たちをケアする時間などはこの平均速度には含まれていない。

トーマスさんは後天的に失明した方で20代から目が見えなくなった。走るのが大好きなトーマスさんは盲目ランナーさんと一緒に走る伴走者をつけて走っていたが、かけがえのない存在である盲導犬を家に置いていくことは何か違うのではないかと思っていた。それに盲導犬は走るのが大好きだ。また、本当に独立して走るということはどういうことなのか?そんなことを考えるようになっていった。

そうした思いが募り、だったら盲導犬と一緒に走ってみたら良いんじゃないだろうか?それからトレーニングが始まった。最初は短い距離から試走。慣れてきたら、5キロほどのレースに参加するなど練習をしてきたという。そして、今年、3匹の盲導犬の誘導によってハーフマラソンを完走するという偉業を成し遂げたのだった。

印刷する

人気のオススメ記事

  • NYの奇跡。伴走者ではなく「伴走盲導犬」とハーフマラソンを完走
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい