ここにも「非正規」の影。性交渉経験なし25%報道が炙り出すもの

shutterstock_1244900854
 

先日、国内の18歳~39歳までの男女の25%が性交渉の経験がないという研究結果を各メディアが大々的に報じ、「草食化」や「コミュニケーション能力不足」などをその原因とする声が多数上がりました。しかし、「着目すべきはそこではない」というのは、健康社会学者の河合薫さん。河合さんはメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、マスコミが正しく伝えていないこの研究が行われた本来の目的を明らかにするとともに、そこからあぶり出された深刻な「日本社会の問題」を記しています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2019年4月10日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

「性交渉 経験なし25%」の真意

「性交渉 経験なしが25%」――――。4月8日月曜日、メディア各社は一斉にこんな見出しを掲げ、「18歳~39歳の日本人の25%に異性間の性交渉経験がないとする研究結果」を取り上げました。

“予想どおり”SNSは即座に反応し、

「30代でこれって、やばくね?」
「やっぱ草食化してるんだな」
「うそ。早まってると思ってた」
「セックスレス社会だな」
「異性に限ってるからでしょ?」
「コミュ力が低いからだろ」
「つーか、こんなこと調査してんだ」

などなどコメントが溢れ、テレビなどのコメンテーターも、「草食化」「セックス離れ」「コミュ力」という言葉を多用し、「未経験という部分に注目しました。

…ふむ。えっと“ソコ”じゃないんですよね。研究が行われた背景とちょっとだけズレてる、といいますか、なんといいますか。

メディアは常にセンセーショナルな話題に着目するため、研究者が研究に取り組んだ「本来の目的との齟齬が生じがちです。

つまり、研究のリサーチクエッションは、「世界最低レベルの出生率の原因は、雇用形態にも関係があるのではないか?」という点にあり、出生率の低さの原因を社会的要因から検証することで人口の先細りに歯止めをかける政策への示唆を得たい」というのが研究のねらいなのです。

分析を行ったのは、渋谷健司・東京大客員教授らとスウェーデン・カロリンス
研究所のチームです。

● 論文タイトル「Trends in heterosexual inexperience among young adults in Japan:analysis of nationalsurveys, 1987-2015

データは、国立社会保障・人口問題研究所が成人の結婚、出産への意識や性交渉経験などについて調べている出生動向基本調査の1987~2015年のデータなどを使用し、日本全体の未経験率を算出しました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • ここにも「非正規」の影。性交渉経験なし25%報道が炙り出すもの
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい