溺れかけの韓国。世界中から無視される隣国の崩壊カウントダウン

 

そして本当に大変なのが、韓国内での分裂です。WTOでの対日勝訴については、一瞬盛り上がりがあったと聞きますが、その他の問題については、韓国民の間でも、これまでのように日本をスケープゴートにするのではなく、国内で解決すべきであり、国際社会に恥をこれ以上晒すべきではないとの意見が大多数を占めています。

元徴用工の問題は、完全に“国内問題”ですし、「あまり日本を煽って見捨てられないか」と心配する声も多くなってきています。この高まる懸念を受けてでしょうか。文政権の総辞職や、過激な線ではクーデターを勧める声まで挙がっている始末で、悪化し続ける韓国経済(特に18歳から25歳の失業率の高まり)への懸念からか、文大統領の辞任を求める声が急激に増えてきています。 朴前大統領への抗議で集結した国民ですから(ろうそくを持って、辞任を求めた運動)、今回も大変な結束を見せるかもしれません。野党はそれに乗じて政権交代を狙っているようですが、野党も具体的な代替案を示すことが出来ておらず、政治的なカオスの様相を呈しています。

そこに付け入るのは、日本でも中国でも、ロシアでもなく、北朝鮮でしょう。混乱に乗じて、北朝鮮による統一を画策するかもしれませんし、このところ下火となっていた政治的な工作活動も再開されるかもしれません。そうなると、確実に韓国国内はズタズタに切り刻まれてしまうでしょう。

いろいろと詰まれてきている状況に陥っている韓国ですが、韓国の崩壊は、北朝鮮を除けば、誰も利すことがないため、国際社会としては、非常に慎重な対応が必要です。 崩壊を避けるべく一応協力姿勢を示すのか、それでも韓国が反抗的な態度を、日本をはじめとする各国に示すなら、一気に見放すのか。その決定を下すタイミングは、想像以上に近づいてきている気がします。

嫌韓論が高まる一方の日本ですが、韓国が本当に溺れてしまったときに起きうる危機を、迅速に明らかにし、対応策を練っておかないと、その荒波に飲まれてしまうかもしれません。

これまで述べた“シナリオ”が、私のただの妄想に終わってくれることを祈ります…。

image by: Flickr

島田久仁彦(国際交渉人)この著者の記事一覧

世界各地の紛争地で調停官として数々の紛争を収め、いつしか「最後の調停官」と呼ばれるようになった島田久仁彦が、相手の心をつかみ、納得へと導く交渉・コミュニケーション術を伝授。今日からすぐに使える技の解説をはじめ、現在起こっている国際情勢・時事問題の”本当の話”(裏側)についても、ぎりぎりのところまで語ります。もちろん、読者の方々が抱くコミュニケーション上の悩みや問題などについてのご質問にもお答えします。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』 』

【著者】 島田久仁彦(国際交渉人) 【月額】 初月無料!月額864円(税込) 【発行周期】 毎週金曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 溺れかけの韓国。世界中から無視される隣国の崩壊カウントダウン
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい