「本当に東大に入ればよかっただけ」澤円がSNSの経歴詐称問題に苦言

0001687254g-001_waifu2x_art_noise3_scale_tta_1
 

最近、SNS上で経歴詐称をして注目を集めようとする人物が増えているようです。先日話題になった、東大卒を騙った人物について、メルマガ『澤円の「自分バージョンアップ術」』の著者・澤円さんが、「肩書きやステージではなく行動と結果こそがすべてである」という持論を説かれています。

つながりが思い出せない

最近、ネットでちょっと話題になった若者がいます。
この方は、もともと不良から這い上がって高専に入学、必死に勉強して日立に入社したものの、一念発起して東大に入学、さらに17社も起業したという、素晴らしい経歴を持っていた…ことになっていました
Webの記事などを見ればわかりますが、あちこちで講演をしたり、有名人と一緒に写真を撮ったり、かなり華々しく活動をしていたようです。

しかし、「東大卒」ということに疑問を持った人がちょっと経歴を調べ、かつSNSに投稿したところから、ちょっとした話題になりました。そして、結局のところその方は「すべて嘘だったと告白するまでに至りました。

実は、ボクはこの方とFacebookもTwitterもつながっていました。ただ、どこでつながったのかをさっぱり覚えておらず…そして、共通の知人を見ても、つながりがどうしても思い出せない状態です。写真を見ても、全然覚えがない。この人は誰だ?と本当に不思議な気持ちになりました。

Facebookについては、実際に会った人か、メッセージのやり取りや共通の知人の内容を見て信頼できる人だけしか承認していません。もしかしたら、たくさんの人が集まる場所などで、さくっとつながりを持つ名人だったのかな?と勝手に予想をしています。

経歴詐称については、ちょっと前ならショーンKさんや齋藤ウィリアム浩幸さんがニュースになっていましたね。詐称をした後の叩かれ方を見ると、やっぱり嘘つくのってリスク高いよな~と思ってしまいます。

なんで詐称なんてするんでしょう?

詐称をする人の心理とは?

詐称する人たちの心理というのは、ボクにはよくわかりません。おそらく、心理学的には様々な分析がなされていたりするのでしょう。ボクにとって身近な「詐称」というのは、転職者が自分の経歴を盛る」というやつですね。

実は、ボクも「盛る」ということとは無縁ではありません。自分としては絶対にいやなのですが、どうしても頼まれてしまう場合もあります。ボクが盛られた事例としては書籍のタイトルや、帯のコメントなどです。どうしても「世界最高」とか「全社員10万人でトップ」などのあおりコメントが入ります。

「いやいや、それはちょっと盛りすぎでしょ」とこちらが言っても「とはいえ社内で最高栄誉賞を獲得したということは、社員の中で最高ということですよね。詐称ではないですし、ぜひ入れましょう」という感じで説得されてました。

考えてみたら、著名人でも何でもないただのサラリーマンが書籍出版しているわけですから、帯にはキャッチーな文言が必要不可欠なわけです。

ということで、セールスやマーケティングの観点から絶対に必要なアクションだったと自分を納得させました。

ただ、学歴であったり職歴であったりは、事実を精査すれば明らかな「ウソ」として証明可能なので、詐称は大きなリスクになります。

にもかかわらず詐称に走ってしまうのは、きっと「そうまでしてでも手に入れたいもの」というのがあるということでしょう。

あるいは、「詐称でもしないとどうしても手に入らないもの」がどうしても欲しくなってしまって、なりふり構わず、リスクを無視してでも走ってしまったのではないかな、と想像しています。

きっと、ステージ上でかっこよくプレゼンしたい、有名人と対談したい、誰もがうらやむ社名の入った名刺を持ちたい、限られた人しか入れない店に招待されたい…そういったものに魅入られてしまって、「ウソというカードを切ってしまうのではないかと思います。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「本当に東大に入ればよかっただけ」澤円がSNSの経歴詐称問題に苦言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい