素朴な疑問。なぜ、新紙幣の発行開始は今から5年も後なのか?

スクリーンショット 2019-05-14 21.04.12
 

2024年度に一新させると発表のあった新紙幣。政権の話題作りとの声も聞かれますが、識者はどう見ているのでしょうか。ジャーナリストとして数々のメディアで活躍中の嶌信彦さんは自身の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』の中で、新紙幣の詳細を解説するとともに、安倍首相に上げてもらいたい業績についても記しています。

新紙幣発行より賃上げが必要

新紙幣が2024年度上半期に一新するという。千円、五千円、一万円の紙幣(日本銀行券)で2004年以来20年ぶりのこととなる。最近、世界ではキャッシュレス化が進み、中国などでは日常の買物やタクシーの乗車支払いなどもスマホやカードで行なうようになってきたと聞くが、私は紙幣の発行に大賛成だ。

むろんキャッシュレスを進めることに反対するわけではない、現金払いのため、お札や小銭を常に用意しておかなければならないことは手間のかかることだ。それよりスマホで支払いできるシステムがあったり、Suicaのようにカードにおカネをチャージしておけばカードを機械に触れるだけで支払いが出来、いちいち紙幣やコインの出し入れの手間が省け、数え間違いも無くなって便利になることだろう。だからキャッシュレス化のシステムを残すことは便利で現金使用と併用すればよいと思う。

しかし現金には現金の“味”がある。私たちはこれまで聖徳太子や福澤諭吉のお札(一万円)、樋口一葉(五千円札)、野口英世(千円札)などになじんできた。24年からは一万円札が渋沢栄一五千円札が津田梅子千円札が北里柴三郎に変わり、裏側の図案は東京駅丸の内駅舎、五千円が藤の花、千円が北斎の代表作・富嶽三十六景の神奈川沖浪裏になるという。北斎の図柄などは楽しみだ。

日本は世界でも現金主義が根強く、国内総生産(GDP)に占める現金の存在感は、他国に比べ突出しているらしい。16年のGDPで比べるとアメリカの8%、韓国の6%、最もキャッシュレス化が進んでいるスウェーデンはわずか1.4%で、対する日本は20%に達し、現在の現金流通量は2008年末の86兆円から115兆円へと10年間で3割も増えている。

一万円札の流通枚数は102億枚、千円札は44億枚に上る。逆にクレジットカードや電子マネーなど現金を使わないキャッシュレス決済の比率は20%に留まっているが、25年には40%に高めたいとしている。中国の現金流通残高は今年2月末で約131兆円と1年前に比べ2%減少しているという。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 素朴な疑問。なぜ、新紙幣の発行開始は今から5年も後なのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい