ここでもインスタ映え重視?平成世代が住まいを選ぶ「決定打」

shutterstock_659331043
 

30歳から59歳までのいわゆる「昭和世代」の方々は、マンションやお部屋選びにあたり、「日当たりや収納の充実」を重視してきた方が多いかと思います。しかし「平成世代」は、それよりももっと大事な判断基準があるそうです。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者の廣田信子さんが、UR都市機構が実施した興味深い調査の結果を紹介するとともに、そこから見えてくる「高経年マンションの今後」について論じています。

若い世代は、まちのブランド、おしゃれさ重視

こんにちは!廣田信子です。

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が先月、改元を前に発表した調査結果が面白かったです。

『平成』も残りわずか50日!!「平成世代と昭和世代の暮らし意識調査」結果を発表しました

平成世代昭和世代の住まいや地域との関わりといった暮らしへの意識の違いを明らかにすることを目的とした「平成世代と昭和世代の暮らし意識調査」です(インタネット調査、サンプル1,000名、平成世代16~29歳昭和世代30~59歳)。

まず、住む「まち」を決める場合に重視することは、平成世代、昭和世代とも、「買い物環境の充実」が上がっています。大きく違ったのは「職場・学校の近く」で、平成世代では「職住近接」を重視する傾向がはっきり見られます。昭和世代に比べて、平成世代は「まちのブランド」が2倍近くあって、“ブランド重視の傾向が見えます。

では、自分が住む「住宅」を決める場合に重視することは…というと、昭和世代と平成世代で大きく違うのは、昭和世代が重視する「日当たり」「隣にどんな人が住んでいるか」「収納の充実」は平成世代ではあまり重視されず、逆に、平成世代では、「キッチンなどの最新機器の充実」「デザイン性」が重視される傾向がありました。SNS時代には、「インスタ映えするおしゃれ感が重要視されると分析されています。

さて…この調査で、昭和世代とされるのは、「30~59歳」、管理組合運営では、十分、若手とされる世代です。このさらに上の世代「60歳以上」とは、もっとギャップがあるでしょうね。ちなみに、先日発表になった「平成30年度マンション総合調査結果」では、世帯主の年齢が、60歳代が27.0%70歳以上が19.3%でした。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ここでもインスタ映え重視?平成世代が住まいを選ぶ「決定打」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい