令和に生きる甲賀流忍者が語る、忍術の真髄とこの世での生かし方

shutterstock_210524710
 

国内外を問わず根強い人気がある「忍者」。つい派手なアクションに注目してしまいますが、忍者の本来の姿はもっと奥が深い精神的なもののようです。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、甲賀流忍者である川上仁一さんへのインタビューを通し、忍術の真髄や日常の暮らしに活かす知恵を紹介しています。

本物の忍者が教える、忍術を日常に生かす知恵

その技術や精神性が、いま世界から高い注目を集めている「忍者」。現代を生きる本物の忍者である甲賀伴党21代宗師家川上仁一さんに、忍術の神髄、忍術を日々の生活や仕事に活かすヒントを教えていただきました。


──先代の教えでいまも大事にされていることはありますか。

川上 「『忍術の忍は堪忍の忍』、もうそれに尽きます。要するに、忍術とは忍び込む術ではなくて、じっと堪忍我慢する術なんだと。

忍者の『忍』の字には、心臓のの上に』が載っています。その字のとおり、刃を少しでも動かせば心臓が切れて死んでしまいますから、押しも引きもなりません。いま一息のところでじっと我慢する心構えこそ、忍者に必要な『鉄壁の不動心』なんですね。

また、『秘伝書』では、日の丸のような赤い円の中央にの一字を置いて忍術の極意を表しますが、丸はリングの輪、平和・調和の和、異質なものが交わる『和える』にも通じます。つまり、和を実現するにはできるだけ争わずお互いに忍耐して仲よくすることが大事だということです。

ですから、忍術の精神は、争いが絶えない、いまの世界にぴったりなんですね。何事も我慢ができないから争いになってしまう

──忍術の極意が忍耐、和の心だというのは意外に思えます。

川上 「忍者は戦うイメージが強いですがそれは誤解なんです。そこは一番伝えたい部分ですね。

そもそも忍術の起源は、日本独特の風土や精神性と関係しています。日本人が、原始の狩猟生活から四季に根ざした稲作を中心とする農耕定住生活へと移り変わっていく中で、群れ、すなわちムラが形成されていきますが、そうなると、当然自分の思っていることを我慢し皆と協調することが必然となっていきます。

また、繊細な四季の変化や、自然災害の過酷な環境の中では、常に四方八方に目を配って、思案を巡らし、物事に臨機応変に対応することが求められました。

その一方で、人間には争う本能もありますから、近接するムラとムラとの間には様々な戦いがありました。

その時に、なるべく互いに傷つかず自分が優位に立つためには何が必要かというと、相手の弱点などを探る情報収集能力、談合をするなど最小限の力で相手を制する知恵技術なんです。

そのように、和を貴ぶ精神性や争いを避けムラの平和を維持する知恵が、日本人にずっと蓄積されていき、『総合生存技術』にまで高められたのが忍術なんですね」

印刷する

人気のオススメ記事

  • 令和に生きる甲賀流忍者が語る、忍術の真髄とこの世での生かし方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい