人気雑貨ブランド「SWIMMER」復活。SNSに歓喜の声「マジだった」

2019.06.07
41
by gyouza(まぐまぐ編集部)
スクリーンショット 2019-06-07 12.36.25
 

2018年1月に多くの女性ファンから惜しまれつつ全店舗を閉店し、ブランドを終了していた「ゆめかわいい」雑貨で人気のブランド「SWIMMER(スイマー)」が復活することがわかりました。福島の雑貨チェーン「パティズ」が、かつてスイマーを展開していた白鳳から同ブランドを引き継ぐことが決定し、雑貨の復活に加えて近くネット通販ショップもオープンするとしています。

SWIMMER(スイマー)は、衣料、ファッション小物、バッグ、ポーチ、財布、インテリア、文具などの雑貨商品の企画・販売を手がけてきたブランド。

動物やスイーツなどをモチーフにしたデザインが特徴で、価格の手頃さや、デザインの可愛らしさから10代20代の女性をはじめ、幅広い年齢層のファンに支持されてきました。しかし、「仕入れ単価の高騰により、思うようなモノづくりや価格帯の維持が難しくなったこと」を理由に、2018年1月末に姉妹ブランド「chocoholic」とともに全店舗を閉鎖し、ブランドを終了していました。

福島・会津若松市に本社を構えるパティズは、「これまで100店舗以上の雑貨店を展開しながら培ってきた商品知識や経験を活かし、「SWIMMER」ブランドの商品企画・販売の再開と、今まで以上の発展を目指す」としています。今後、同社が展開している「パティズ」「Dearパティズ」「WIZ」などの屋号の雑貨店でスイマーブランドの雑貨が販売されると思われます。

パティズは関東近辺で店舗展開を続けてきた関係で、西日本での展開はまだ不明とのこと。しかし、ネット通販ページも準備中なことから、スイマーブランドファンにとっては「ゆめかわいい」ニュースかもしれません。

● ブランド譲受に関するお知らせ(パティズHP)

このニュースに、Twitter上では、かつてスイマー雑貨を愛用していた女性ファンからの歓喜の声が殺到。「他に代わりがない!」と嘆いていた人たちから、復活を歓迎する声が多く挙がっています。

Twitter上に投稿された喜びの声

















※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: Twitter(SWIMMER Press(@SWIMMER_Press))

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 人気雑貨ブランド「SWIMMER」復活。SNSに歓喜の声「マジだった」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい