上手い殺し文句が浮かばない?だったらお客様の言葉を繰り返せ

shutterstock_745485532
 

効果的なクロージングトークを用いてスムーズに販売を完了できれば接客としては理想的ですが、現実はそう上手くいかないものです。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、殺し文句を前もって準備するのではなく、お客様の「ニーズ」に接客終盤に呼応する、最強のクロージングトーク術をレクチャーしてくださっています。

最強のクロージングワード

今回は、どんな販売員にもぜひともやっていただきたいクロージングについて。

接客の終盤になって、お客様に購買を促そうとする時クロージングは行われます。そんな折、販売員はいろんな「クロージングワード」を使いますよね。いわゆる“殺し文句”などとも呼ばれるようなワードのことです。

「こちらの商品なら、お客様にぴったりですよ!」なんて、口でいくら言っていても、必ずしもお客様の心に響くわけではありません。

以前から、「良いクロージングワードは?」というご質問をいただいても、私が「そんなに都合の良い言葉はないですよ」と再三にわたってお伝えしてきている通り、クロージングにおいては、誰にでも買ってもらえる“殺し文句などは存在しないのです。

ただ、そうは言っておきながらも1つだけどんなお客様にも使えるクロージングワードが実は存在しています。

それは、お客様の言葉を使うクロージングワードのことです。

これだけは、どんな販売員でも使える、最強のクロージングワードだと、私は考えています。どういうことかというと、例えば洋服の接客で、こんな会話があったとします。

お客様 「冷房で冷えるから、羽織物が欲しいんですよね」

 

販売員 「それでしたら、シワになりにくいカーディガンがオススメですよ。これなら、外を歩くときはバッグにしまっておいても、シワがつかないので安心です」

お客様 「う~ん、どうしようかなぁ。買おうかどうか迷いますね」

 

販売員 「無理にオススメはしませんが、先ほど冷房で冷えるとおっしゃっていましたよね。これからの時期は、雨で濡れて冷房に当たることも少なくないので、今のうちからお持ちになっていると良いかもしれませんよ」

こんなような流れでしょうか。この流れで言うと、「冷房で冷える」というお客様の言葉をそのままクロージングに使っています。これは、「冷房で冷えるから、羽織るものが欲しい」、つまり、お客様のニーズをクロージングに盛り込んでいるわけです。

こうすると、お客様としては、改めてニーズを思い出すことになりより必要性を感じるので、「やっぱり買っておこうかな」と自分自身を納得させる理由ができます。クロージングに必要なのは、この納得感でして、納得感をお客様に感じてもらうことは、常に考えおかないといけないのです。

そういう点でも、お客様の言葉を使うクロージングは、個人的には最強のクロージングワードではないかと考えています。

今回は、クロージングで使うワードについて考えてみました。次回もどうぞお楽しみに!

今日の質問です。

  • あなたが商品を買う時に、納得感を感じるのはどんな時ですか?
  • その納得感をクロージングワードで感じるにはどんなクロージングワードが必要ですか?

image by: Shutterstock.com

坂本りゅういちこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 坂本りゅういち 【発行周期】 日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 上手い殺し文句が浮かばない?だったらお客様の言葉を繰り返せ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい