欧米でCBD(カンナビジオール)関連産業が急成長する理由と可能性

shutterstock_1048262770
 

古来日本人は「麻」を衣服や様々な道具などに巧みに利用し、生活を営んできました。しかし、現代では、「大麻草栽培」や「大麻所持」による逮捕などのイメージもあってか、なんとなく遠ざけたほうがいいと思っている人の方が多いのが現実です。しかし、世界ではまったく逆の流れが起きているようで、『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNY在住のりばてぃさんは、さまざまな広がりを見せながら急成長しているCBD関連などのビジネスの現状をレポートしています。

マリファナとは違うCBDとヘンプの可能性

(1)CBDとは?

今週、ブログのほうでCBDに関する興味深い情報をご紹介した。

ご参考:
ニューヨーク初”CBD”入り炭酸水”Recess”(リセス)のPop-up店
米国“CBD”関連ビジネス市場、わずか3年で約40倍に急成長、2022年には220億ドル(2兆4,200億円)へ?!

せっかくなので、ブログには書ききれなかった「投資も盛り上がってますよ」というお話をお伝えしておこうと思う。

まず、CBDとは何ぞや?というのを整理すると、『カンナビジオール』(Cannabidiol)の略称で、ヘンプ(Hemp)という大麻(Cannabis)の一種から抽出される(気分がハイになる)精神活性作用のない成分のこと。日本で麻薬取締法で逮捕される、いわゆる大麻の『マリファナ』とは違う。

CBDやヘンプとマリファナの違いを決めるのは、『テトラヒドロカンナビオール』(THC)という物質の量で、通常、マリファナには10~15%ほどのTHCが含まれており、CBDやヘンプは0.2~0.3%以下となっている。

マリファナのようにこのTHCの含有量が多いと、精神の活性作用(いわゆるハイな気分)依存や乱用に繋がるということで、日本では麻薬取締法で規制されている。ちなみにアメリカでは州によっては(アメリカは連邦で取り締まる法律以外に州ごとの州法もあり、影響が高い)マリファナの使用が解禁されているところもあり、以下のリンクからその状況を確認できるようになっている。色分けは、濃い緑が合法(Legalized)、緑が医療と解禁(Medical and decriminalized)、濃い黄緑が医療のみ(Medical)、黄緑が解禁(Decriminalized)、薄い黄緑が完全に違法(Fully illegal)。 ニューヨークの場合は、医療目的では使用が可能だが、解禁は条件つきとなっている。
MAP OF MARIJUANA LEGALITY BY STATE

医療目的で使用されているマリファナがあるように、THCの含有量が非常に少ないCBDやヘンプは、不安(社交不安障害)やうつ病を和らげるサプリメントとして、ここ1~2年、アメリカで急速に注目を集めている。 ただし、使用や服用については個々人によるところがあるため、今後、普及が進むにつれて適応問題などが出てくる可能性はあると思われる。

print

  • 欧米でCBD(カンナビジオール)関連産業が急成長する理由と可能性
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け