「100%夢が叶う方法」を実践しカッコよかった俳優の今井雅之さん

shutterstock_179601842
 

1000人を超える人にインタビューをしてきた米国の邦字紙『NEW YORK ビズ!』CEOの高橋克明さんが、取材してカッコよかった人を聞かれたときに必ず名前を出すのは、亡くなられた俳優の今井雅之さんなのだそうです。その理由について、自身のメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』で綴っています。高橋さんによれば、ノウハウを聞いても「やってみたよ」「できるようにしたよ」の答えばかりの「100%夢が叶う方法」を実践した魅力的な人だったようです。

100%夢が叶う方法

かつて、俳優の今井雅之さんに3度インタビューする機会がありました。「取材した中でカッコよかった人は誰ですか?」。そう人に聞かれるたびに、すでに他界されているからあえて名前を出している、と思われるのが嫌なくらい魅力的な方でした。 生前の彼のライフワークは、アメリカ人にひとりでも多く「悪いのは戦争で、特攻隊として散った英霊たちではないんだ」と知ってもらうため、北米各所で「WINDS OF GOD」という神風特攻隊のふたりを主人公にした舞台を上演し続けることでした。

ただ、舞台だと見る人間の数が限られているので、関係者に「不特定多数に届けるため、映画にしたほうがいい」と勧められ、映画化することに。でも演じることはできても、映画を製作したことはありません。なにもわからないところからスタートしたそうです。 「具体的にどうされたんですか」と聞く僕に、「何もわかんないからさ……だから、とりあえず製作してみた」と今井さん。 字幕スーパーを目で追うことに慣れてないアメリカ人は、特定の映画ファンしか外国映画を観ない。その時点で観客を限定してしまうことになるので、急きょ、全編英語劇に変更することに。「でも、今井さん、英語しゃべれないじゃないですか」と聞くと、「そう!大変だったよ!だから……しゃべれるようにした」と笑いました。

「配給会社はどうされたんですか?」
「知らないからさ!だから、とりあえず、配給してもらうとこを探したよ」

「集客宣伝はどうされたんですか?」
「まったくわかんないじゃない!だから、とりあえず、みんなに来てもらってさ

インタビューとしては、あきらかに変です。具体的な方法を聞いても、とりあえず「やってみたよ」「できるようにしたよ」ばかり。でも、たぶん、不可能な何かをクリアした人のそのやり方って、こういう感じなんだと思います。 生前の今井さんとのこのインタビューはその後の僕の仕事において、とても大きな影響をもたらせてくれました。“できなければ、できるようにすればいい”。

考えてみれば、「成せば成る」ってすごいことわざだと思います。だって「成しちゃった」ら「成る」んだから。「成す」ように「成しちゃった」ら、「成る」に決まってる。禅問答のように聞こえるかもしれませんが、幾千の成功本も結局は、この言葉に集約される。今井さんはそれを地でやったにすぎない。 目的とゴールが明確なのだから、その過程は重要ではないし、なんなら忘れてしまっていい。ひとりでも多くのアメリカ人に英霊たちの志を理解してもらえるのであれば、その過程の膨大な努力は、いまとなってはどうでもいい。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「100%夢が叶う方法」を実践しカッコよかった俳優の今井雅之さん
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい