サラリーマンだからこそオイシイ「副業」の選び方と具体的な方法

shutterstock_702564193
 

副業を解禁する企業が加速度的に増えていますが、実際に動くとなると二の足を踏んでしまう方も多いのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』では著者の佐藤しょ~おんさんが、まず「サラリーマンのまま、副業で月に3万円を目指す」事がとても重要である根拠や、トータル年収アップも着実に狙える具体的な方法を紹介してくださっています。

まずは3万円を稼ごう

いつでも時代ってのは変化するモノで、かつてはサラリーマンは副業なんてもってのほか、終身雇用で新卒が生え抜きで一番エラいみたいな価値観が日本中にあったわけです。それが、平成が終わって令和になったら、あのトヨタでさえ終身雇用は難しいと言い出し経団連も副業を認める発言をするなど、かつての価値観今いずこな感じがしますね。

そうすると目端の利いた人は、早速副業で何かをしようとするわけです。これは非常に正しい反応で、サラリーマンとしての本業で余裕のある生活が出来ていない人は、すぐにでも始めるべきだと思います。

と書くと、

  独立を目指します とか
  最後はやっぱりIPOですよね とか
  副業で1,000万稼ぎたい とか

ノーテンキなおバカちゃんが湧いてくるのも世の常です。

なんでいきなり独立やねん。なんだよIPOって。本業で1,000万稼げていないのに、副業で1,000万ってアホちゃうんか?

そんなことを考えて欲の皮を突っ張らせているから、役に立たない情報商材とかに15万とか30万とかのおカネを払っちゃうの。つまり自分が良いカモになっちゃってるって気付いていないんですよね。

狙うべきはそんなところじゃありませんからね。まず狙うべきは

 ● 毎月3万円がコンスタントに入って来ること

ですから。3万円が稼げないのに独立とか1,000万とかましてやIPOなんてあり得ませんから。3万円を「たったの」と言う勿れ。

あなたのお小遣いに3万円が加わったら、人生の自由度はかなり増えるはずですよ。

そして3万円という金額は、今の世の中ではそれほど難しくない金額で、最初のゴールにピッタリなんです。転売だろうが、メルカリだろうが、アフィリエイトだろうが、noteの有料記事だろうが、有料メルマガだろうが、市場からニーズを見つけてそれを形にして必要としている人に届けることでなにがしかの対価を頂く。これが3万円になる頃には、あなたの価値観が変容しているはずです。

会社員の最大の問題はマーケット市場の感覚を持ちにくいことなんです。特に営業とか、マーケティングのような部署にいない人にとっては、世の中の動きとか、ニーズとか、マーケットとかの感覚を持つ必要がないんですよね。そんなものがなくても毎月お給料がもらえるわけ。だから自分の給料が、実は市場(マーケット)を循環することでやって来たという感覚を持ちにくいんです。

そういう人がビジネスとか副業を考えると、必ずプロダクトアウトになるんです。つまり、

 私が好きなもの
  私が得意なもの
  性能が良いもの
  価格が安いもの

だからこれを売りたいとか売れるって考えるんですね。典型的なのが、定年後に趣味で始めた蕎麦打ちから蕎麦屋を開業するみたいな破滅的なパターンです。

あなたが得意だとか、あなたが売りたいとか、拘りを持っているとか、性能が良いとか、手間暇掛けて作っているとかは、お客さんには関係ないんですよ。

売れるとは何かといったら、

 ● 買いたいと考える人が存在している

ということで、そんな人がどこに、どれだけいるのか、その人にどうやって

 ● ここにあなたが買いたいって思ってるものがありますよ~

と知らせるのか、どうやって買ってもらって、その後にどうやって手元に届けるのか。これを考えないとならないんです。その中でとびきり大事なのが、

 ● 買いたいと考える人が本当にいるのか?

なんです。全てはここからで、もっといえば、

 ● 何が買いたいの?何が欲しいの?

から考えるべきなんです。それがマーケットインの発想なんです。

毎月3万円の売り上げを立てるには、ここを真剣に、じっくり考えて、その上で売るべき商材を考える必要があるんです。そしてそれがある程度、市場に評価されないと3万円には届かないんです。

だからこれは、マーケットを知るための基礎訓練として、誰でも必ずやるべきなんです。そしてこれが出来ると、あなたの中にマーケット感覚というものが立ち上がります。これがこれからの時代のビジネスパーソンに絶対に必要になる能力なんです。だからこれをやると、ビジネスの見え方が変化するんです。

でもたったの3万円じゃ…と考える人のために、次回に繋げます。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • サラリーマンだからこそオイシイ「副業」の選び方と具体的な方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい