警察官、女子トイレで「不祥事」相次ぐ。「入ってみたかった」

2019.09.30
73
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1470038495
 

警察官の「女子トイレ」内での不祥事が相次いでいる。福岡県警の巡査部長が29日、コンビニエンスストアの女子トイレに侵入したとして逮捕されたとTBSニュースFNNニュースなどが報じている。

TBSニュースによると、建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、福岡県警東警察署生活安全課の巡査部長・厚地貴史容疑者(47)。29日、福岡市中央区にあるコンビニの女子トイレに侵入した疑い。取り調べに対して「女子トイレに入ってみたかった。興味があった」などと供述しているという。同コンビニでは今年7月ごろから紙やトイレットペーパーの芯が詰まる度に同じ人物が居合わせており、29日も再び来店したことから、店が通報していたとしている。FNNニュースによると、厚地容疑者はトイレが使えず困惑する女性の様子を店の外から眺めていたという。

また、兵庫県警察本部女性警察官(27)が29日夕方、JR相生駅構内のトイレに、弾の入った拳銃などを一時置き忘れていたことが分かったと、NHKニュースが報じている。

NHKニュースによると、29日午後4時ごろ、兵庫県警察本部鉄道警察隊の女性巡査長が、JR相生駅の新幹線乗り場の構内にあるトイレを利用した際、個室の中に拳銃と手錠の付いた革製のベルトを置き忘れたという。拳銃は約1時間半後にトイレに入った他の利用客が見つけ、駅員が警察に届けたとしている。拳銃には弾が入っていたが、使われた形跡はなかったという。

相次いだ、警察官による「女子トイレ」での不祥事。SNSではさまざまな意見が投稿されている。

Twitterの反応





※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: NHKニュースFNNニュースTBSニュース

image by: shutterstock.com

print

  • 警察官、女子トイレで「不祥事」相次ぐ。「入ってみたかった」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け