出版不況もなんの。月刊『幼稚園』がすごい付録で快進撃のワケ

youchien_00004
 

小学館の月刊誌『幼稚園』が企業とコラボしたリアルな付録で話題となっています。出版不況の中、7月号(6月1日発売)は創刊以来初めての増刷となったとか。メルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』発行人の理央周さんが、この『幼稚園』の快進撃の背景に迫ります。そこには、話題性だけではなく、どんな商売にも通じる「売れる」理由があり、行き詰まったときに立ち返るべき原点をも示していると分析しています。

月刊『幼稚園』の付録がすごい!

ここのところ、月刊『幼稚園』の「付録」が話題になっています。昔から、子供用の雑誌の付録というと、男子用であれば仮面ライダーの仮面と変身セットとか、紙でできていて折って組み立てるロボットとかが一般的でした。女の子向けも、キティちゃんのグッズ的なものなど、わかりやすいものが多かったですよね。

youchien_00003

そして、幼稚園児向けなので、すぐに作ることができる「ちゃちい」とは言いませんがシンプルな付録が定番でした。でも、ここのところの月刊『幼稚園』の付録は、とにかく「本物そっくり」さらに、架空のヒーローやヒロインものではなく、世の中に実在するものなのです。

先日もテレビでやっていたのが、「コンビニにあるATM」。実際に組み立てたものをみると、本当にコンビニエンスストアにおいてあるATMが、そのまま小さくなったようでした。

この付録がすぐれもので、スイッチのようなものを引くと子供銀行的なお札が出てきます。逆の方向に押すと、お札がスルスルと入っていくというこだわりよう。SNSでは、「クオリティーが高すぎる」「子供じゃなくても欲しくなる」と、まさにトレンド入りしそうなくらい話題騒然といった感じです。

中でも話題になったのが、今年の6月1日に発売された7月号の付録が、駅などによくある江崎グリコの「17アイス」の自動販売機のミニチュア版。これも本物そっくりの自販機で、ボタンを押すと出てくるアイスも本物そっくり。かなりの反響があったらしく、ITメディアによると、アップした動画の再生回数は900万回。すぐに創刊以来初めてとなる増刷を決めたとのことでした。

これ以外にも、くら寿司とコラボの回転すしのミニチュアや、メダル落としゲーム、ピノの自動販売機やスカイツリーなどなど、ユニークな付録を次々と出しています。ここ数年来、出版業界は出版不況と呼ばれている中、『幼稚園』は増刷、話題性などなど快進撃を続けていますよね。その背景に何があるのかを考えてみたいと思います。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 出版不況もなんの。月刊『幼稚園』がすごい付録で快進撃のワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい