重いテーマが世界の時流。今年のNo.1台湾ドラマは『悪との距離』

akutonokyori
 

今年も台湾のテレビ番組を表彰する「ゴールデン・ベル・アワード」が開催され、無差別殺人事件を題材とした連続ドラマ『悪との距離』が最多6部門を受賞しました。紹介するのは、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さん。台湾に限らずドラマや映画のテーマが重くなっていると、各国の話題作をいくつか取り上げ、その背景を論じます。

【台湾】台湾で話題の映画・ドラマ紹介

「悪との距離」が最多6部門受賞 台湾のテレビ番組賞 第54回金鐘奨

台湾で「第54回ゴールデン・ベル・アワード」(電視金鐘奨)授賞式が行われました。これは、より多くの支持を得たテレビ番組および関係者を表彰するものです。

今年、やはり最も注目されるのは連続ドラマ作品賞でしょう。今回は、『我們與惡的距離(悪との距離)』が最多6部門の受賞で圧巻でした。このドラマは、ある無差別殺人事件を題材とし、加害者、被害者、支援者、メディアなど様々な立場の人々の視点を通じて、「悪との距離」を考察した社会派ドラマです。人気俳優の温昇豪が出演していたことも人気を得た一因でしょう。

このドラマのテーマは、日本、台湾、韓国などの東アジア各国が共通して抱く課題です。韓国では、実話に基づいた子供の虐待を描いた映画『虐待の証明』が大ヒットしたそうです。虐待を受けて成長した女性が、ある日、被虐待児と出会い、その子を守ろうとするという内容です。虐待シーンや主人公の壮絶な人生など、全編通して重い内容です。日本では11月15日に公開予定だということです。

虐待被害者が痣だらけの少女と出会う…実在事件を基にした衝撃作が日本公開

また、アメリカ映画で現在世界的ヒットとなっているのが『ジョーカー』です。この話もとても悲惨です。現在日本でも公開中なので、あらすじを詳しくは書きませんが、社会から見放された男が、殺人をきっかけに狂気に走る話だということです。

『ジョーカー』、『ダークナイト』比251%で圧倒的No.1「ガツンと心に残る」

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 重いテーマが世界の時流。今年のNo.1台湾ドラマは『悪との距離』
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい