東大は違法団体?ニューヨーク・タイムズが東大を大批判した理由

 

16.その上でどうしても学部を存続させたいのであれば、女子大と合併するという手段もあります。例えばですが、お茶大とか、私学でも構いません。強引な対策ですが、昔ハーバードが共学化を進める過程で、ラドクリフという女子大と合併したことを考えると、そんなに不自然でもないように思います。

17.本当は、東大だけの問題でもないわけで、リケジョへの差別とか、「日本人の男性には、自分より優秀な理系女子と対等に関係を結べるような度量は期待できないし、期待しないのが『おりこう』な女性の『たしなみ』」といったカルチャーがあるわけで、これは日本社会全体の問題だと思います。ですから、学外へ向けて議論を開いていく必要も大きいと思います。

とにかく共同参画室なる組織を作って、その親分が男性副学長、やっていることは「女子中高生」に対して「大丈夫だからおいで」って、一体何なのでしょう?少なくとも上野先生は「大丈夫じゃない」という警告を発したわけで、その「大丈夫じゃない状況をどうやって変えるのかが問われているのです。

そもそもメッセージ性の高い「共同参画」のパンフを、「梁プランニング」という業者さんに丸投げって一体…?業者さんが悪いわけではないんです。業者さんだったら発注者の「身を切るような改革」にコミットできるはずがないからダメだと申し上げたいのです。それはともかく、表紙に登場している学生が、迷彩柄の短パンってどういうことなんでしょうか?

東大は、秋入学に失敗した前科があるのですから、今回この「NYTの20%問題告発への対応で失敗したら、世界ランキングのベスト100から転落すると覚悟したほうが良いと思います。

image by: EQRoy / Shutterstock.com

冷泉彰彦この著者の記事一覧

東京都生まれ。東京大学文学部卒業、コロンビア大学大学院卒。1993年より米国在住。メールマガジンJMM(村上龍編集長)に「FROM911、USAレポート」を寄稿。米国と日本を行き来する冷泉さんだからこその鋭い記事が人気のメルマガは第1~第4火曜日配信。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 冷泉彰彦のプリンストン通信 』

【著者】 冷泉彰彦 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 第1~第4火曜日発行予定

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • 東大は違法団体?ニューヨーク・タイムズが東大を大批判した理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け