性暴力訴えた伊藤詩織さん勝訴。山口敬之氏をめぐる権力の深い闇

2019.12.18
772
by MAG2 NEWS編集部 HY
shutterstock_1294932685
 

ジャーナリストの伊藤詩織さんが、TBSの元ワシントン支局長でフリージャーナリストの山口敬之氏から性的暴行を受けたとして慰謝料1100万円の損害賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は、山口氏に330万円の賠償を命じる判決を言い渡したと、NHKニュース共同通信時事通信などが伝えた。反訴が棄却された山口氏は同日記者会見し、判決を不服として「控訴する」と話したという。

時事通信によると、鈴木昭洋裁判長は、意識のない原告に対し、山口氏が合意なく性行為に及んだことや、伊藤さんが意識を回復して拒絶した後も行為を継続しようとしたことを認めた。一方で、山口氏が伊藤さんの著書や記者会見などでの発言により社会的信用を傷つけられたとして求めた1億3000万円の賠償については請求を棄却している。

この山口敬之氏の性的暴行疑惑については、安倍政権の関与や大手メディアの忖度、警察官僚主導の事件もみ消しなど、多数の「闇」が報じられている。MAG2 NEWSでも複数の記事で性的暴行のみに限らない山口氏の疑惑や安倍政権関与について伝えてきたが、今一度山口氏絡みの疑惑や伊藤さんの孤独な闘いを振り返ってみよう。

性的暴行疑惑と警察権力の闇

そもそもの発端は、伊藤さんが就職相談のために山口氏と会食したことに遡る。アルコールで意識を失った伊藤さんを無理やりホテルに連れ込み、望まない性行為を強要した山口氏に対し、伊藤さんが被害届を出したというものだ。この被害については、ホテルの防犯カメラやタクシー運転手の証言など多数の証拠が存在している。

問題はここからだ。詳細は「どこも報じない、山口敬之氏「疑惑」の背後でうごめく権力の闇」に譲るが、準強姦容疑で取られた山口氏への逮捕状が、警視庁刑事部長・中村格氏からの指示で逮捕直前に取りやめとなり、嫌疑不十分で不起訴処分に。その背後に安倍官邸が絡んでいるのではないかという疑いがかけられたのだ。

print
いま読まれてます

  • 性暴力訴えた伊藤詩織さん勝訴。山口敬之氏をめぐる権力の深い闇
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け