ガソリン大幅値上げも。米国とイラン対立激化で原油価格が高騰中

2020.01.07
421
by 編集部サトシュウ
 

原油価格上昇が与える影響

6日の東京原油市場の先物価格でも、去年5月以来の高い水準で推移。取り引き開始直後から買い注文が殺到しました。先月は1キロリットル当たり3万8000円台から4万2000円台で取り引きされていましたが、午前中に一時4万4000円を超えるなど、およそ7か月ぶりの高い水準となり、終値は4万3690円でした。

すでに様々なところに影響が出始めた、アメリカとイランの緊張状態による原油価格上昇。ネット上でも心配する声が多数挙がっています。





※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by:Shutterstock

print

  • ガソリン大幅値上げも。米国とイラン対立激化で原油価格が高騰中
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け