習近平「国賓訪日」に保守派からも猛反発。安倍首相を待つ茨の道

 

安倍首相は仕事始めの1月6日、伊勢神宮に参拝し、恒例の年頭記者会見にのぞんだ。新年の抱負を述べたあと、内閣記者会と三重県政記者クラブの、あらかじめ決められた記者から、予定通りの質問が出され、安倍首相は用意された答弁を読み上げた。年始だからといって、あいさつ程度のセレモニー会見でいいのだろうか。

国民が聞きたいはずの諸問題。ゴーン、習近平、消費税の影響、カジノ疑惑などに関する話は、いっさい話題に上ることはなかった。あいかわらず、記者クラブと政権のなれ合いを感じる。

世界は大きく動き、国の政治経済にひび割れが広がっている。正月気分に浸かっている場合ではないだろう。

image by: 安倍晋三 - Home | Facebook

新恭(あらたきょう)この著者の記事一覧

記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 国家権力&メディア一刀両断 』

【著者】 新恭(あらたきょう) 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 毎週 木曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print

  • 習近平「国賓訪日」に保守派からも猛反発。安倍首相を待つ茨の道
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け