Windows7サポート終了。ウイルス感染や情報漏えいの危険性も?

2020.01.14
40
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_1370984330
 

1月14日、日本マイクロソフトのパソコンの基本ソフト「ウィンドウズ7」のサポートを終了すると、共同通信などが伝えた。ウィンドウズ7を搭載したパソコンは、国内で約1390万台残っているとみられている。通常1ヶ月に1度、セキュリティー上の欠陥を修正するプログラムを無性で提供してきたが、本日いっぱいで終了する。


ウイルス感染の危険性も

デバイスは、サポート終了の本日以降も使い続けることは可能。しかし、「仕様変更、新機能のリクエスト」「セキュリティ更新、プログラム サポート」「無償、有償サポート」などの機能は利用できなくなる。そのため、日本マイクロソフトは「マルウェアへの感染やフィッシング詐欺、情報漏えいといったリスクにさらし続けることになる」と述べ、Windows 10への移行を強く勧めている。

バージョン確認方法

現在使用しているパソコンのバージョンが「Windows 7」か「Windows 10」かわからないという方もいるだろう。確認方法は非常に簡単。WindowsのアイコンとRを押し「ファイル名を指定して実行」を起動後、「winver」と入力するのみである。不安な方は、1度確認してみることをおすすめする。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 賢い人はやっていた!想定より300万円も高く家を売る査定術とは
    賢い人はやっていた!想定より300万円も高く家を売る査定術とは
    (株式会社ウェイブダッシュ)
  • Windows7サポート終了。ウイルス感染や情報漏えいの危険性も?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい