韓国の腐敗。大統領府の犯罪隠しに検察幹部を左遷する文在寅政権

kp20200115
 

1月8日、韓国法務省で32人もの人事大異動が発表され、チョグク氏の親族や韓国大統領府の選挙介入疑惑の捜査中断が余儀なくされることが明らかになりました。今回の無料メルマガ『キムチパワー』では韓国在住歴31年の日本人著者が、韓国検察に対する文政権の露骨なまでの「圧力」を紹介しています。

尹錫悦(ユン・ソンヨル)検事総長にエールを送る

去年韓国を二分した「チョグク事態。今なおこれが尾を引いていて、事態はまだ終わってはいない。チョグクは現在多くの容疑を受けており、もうすこししたら裁判がはじまることになる。法務大臣の座に1月ほどあって、世間の風当りに耐えられずに法務大臣を辞退

その後釜に据えられたのが秋美愛(チュ・ミエ)という女性。判事出身という。同じ民主党系というか、文在寅(ムン・ジェイン)よりの人間だ。検察改革という名分を掲げて政権をとった現政権文政権)。どうも韓国は、検察の力が強すぎるという弊害があるようだ。日本の検察と韓国のそれとで、どれほどのちがいがあるのか筆者にはわからない。日本だって、東京地検特捜部という強大な力をもつ組織があるけれど、あれよりも強大だというのだろうか。わからない。

本来は、検察がいくら強大であっても正義を旨としてやっていればなんら問題はない。ときどき、というより頻繁に、検察官が不正をやらかすことがあり、ために検察も過剰な力をもってはならないし、検察自体も捜査の対象となりうるという論理が発生することになる。この論理の上に立って、検察権力の削減をやろうとしているのが現政権だ。ある意味、それは国民全体も納得のいくところだ。

しかし、現在問題となっているのは、正義を旨としてやっている尹錫悦ユンソンヨル検事総長の手足を切り刻むような人事を秋美愛法務大臣がやったという点である。

1月8日に行われた法曹界の大人事。どういう人事か。チョグク前法務部長官の親族に関するスキャンダル青瓦台(=大統領府によるウルサン市長選介入疑惑などの捜査を指揮している大検察庁の幹部らを含む32人を13日付で交代する人事を発表したのだ。これにより、尹錫悦検事総長の方針に従って捜査に当たっていた多くの検察幹部が大検察庁を離れることになった。今現在捜査に当たっていた検察幹部をいきなり左遷させることができるのが韓国の法務大臣なのだ。左遷される32人は、尹錫悦検事総長の腹心のような検察官ら。なので第一野党の自由韓国党は、「秋長官が法的な手続きに反して無理に人事を強行した意図は自明だ」とし、「権力を持つ人に対して捜査を行う検察を無力化し、現政権に近い人物を検察の要職に置くことで、青瓦台関係者が関与するさまざまな犯罪を隠すのが目的」だと指摘しているのも頷けるところだ。

検察庁法には、検察総長と(法務大臣が)協議して人事せよとある。検察の独立を保障するための強制規定だ。ところで法務部長官は、検察人事委員会の30分前に法務部庁舎に検察総長を呼び出して、人事案を見せ、協議を経たという形を整えようとした(捜査ラインをバラバラにする人事であることはわかっているのに)。「捜査ライン虐殺のための策略」に乗る検察総長がどこにいるだろうか。それなのに総長が来なかったと「御命に逆らった」といっている。御命とは王様の命令という意味。これを破った罪を犯したということで、朝鮮時代の義禁府に連れ出されたような格好になっている。義禁府(ウィグムブ)というのは、朝鮮時代にあった刑務所のようなもの。

朴槿恵パククネ政府のとき、国情院コメント事件を捜査してきた尹総長が左遷されたことがあった。この時野党議員だった秋美愛氏を含む現政権の人々は、尹総長に向かって「権力の外圧に動揺しない強靭さを見せつけた」「本当の検事」「検事の鑑(かがみ)だ」と称えた。しかし今や自らが掌握した政権を尹総長が捜査を始めると、「その傲慢さを厳しく罰しなければならない」という。不利な歴史は記憶しない「便宜的健忘症」は、どうしてこうも一貫しているのだろうか。開いた口が塞がらないとはこういうことをいうのであろう。

print

  • 韓国の腐敗。大統領府の犯罪隠しに検察幹部を左遷する文在寅政権
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け