若者の22%が「ニート」の戦慄データ。現代社会のとんでもない闇

2020.01.21
201
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_1155504487
 

国際労働機関(ILO)は20日、2020年に世界全体で失業者が250万人増える見込みだという報告書を発表した。朝日新聞共同通信などが報じている。


若者の22%はニート

驚いたのが、15〜24歳の若者の中で、仕事や職業訓練、通学をしていない、いわゆる「ニート」と呼ばれる人たちが、この世代の人口の22%を占めているという点である。若者ニートの人口は26700万人にものぼる。また、若者は非正規雇用の比率も高く、アフリカでは95%にも達しているとのこと。

2009年以降の失業率低下傾向ストップ

米中貿易摩擦による世界経済減速などを見込み、2020年の世界全体の失業者数は250万人増加で、失業率は2019年と横ばいの5.4%と予想。失業率はリーマン・ショック後の2009年から2018年まで低下傾向が続いていたが、改善が止まったとされた。

print

  • 若者の22%が「ニート」の戦慄データ。現代社会のとんでもない闇
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け