子どもの前で親が絶対に見せてはいけない「間違った謙遜」の弊害

shutterstock_409811113
 

日本では「謙遜は美徳」であるという風潮があります。わざと控え目なつつましい態度で振る舞うことで、相手に嫌な思いをさせないようにしたり、場を和ませたりしますよね。でもこれ、大人の世界では当たり前ですが、子供の前で行うのは注意が必要。「うちの子なんて…」と目の前で言われた子どもたちは、どんな気持ちになるのでしょうか? 今回、無料メルマガ『幸せなお母さんになる為の子育て』の著者・パピーいしがみさんのもとに届いたのは、「謙遜をする親の言葉に傷ついてきたのに、同じことを自分もしてしまっている」というお悩み。パピーさんが子育て中の謙遜について、どのようなアドバイスを送るのでしょうか?

謙遜しがちな日本人

こんばんは。パピーいしがみです。

「あなたのお子さんは優秀でいいわね」「うちの子なんて××が××で、××なのよ!ほんと嫌になっちゃう!」なんて言われたら、あなたはどうお返事になるでしょうね?特に、そばに子供がいる時はどうでしょうか?もしかしたら「そんなことないわよ。うちの子も外面はいいけど、本当は××で困っているのよ」なんて答えてしまうかもしれません。でも、それを聞いていた当の本人はどう感じるでしょうね?今日はそんな風に言われて育ってきた…とご相談いただいた、新米ママさんのお話を紹介したいと思います。それではまずは、どんなご相談だったか、そこからご紹介しますね。

新米ママと申します。1歳になったばかりの息子がおります。

 

本音と建前、とよく言われますが、ママ友達や親戚、家族と、子供がいる場で日々の育児の大変さを喋ってしまったり、また相手から「うちの子はここがまだ出来ない、離乳食は座って食べないしイライラする。あなたの子はそんなことないでしょ?」などの話を持ち掛けられると、共感しながらも「いやいやうちだって…」とついつい話してしまいます。

 

しかしふと考えると、子どもはそれを聞いてどう思っているのだろう?と思う時があるのです。まだ1歳ながらにしても自分のことを話されているのがわかっている気がします。目を丸く見開いてこちらを見ている表情をする時があるのです。「あ、いけないな」と思いました。

 

というのは自分が小さい頃から言葉の裏を考えてしまうような子どもでした。私の実家は自営業で、飲食店を営んでおります。そのため沢山のお客様がいらっしゃり、沢山の人と関わる機会が小さな頃からありました。家が忙しいながらも私の両親は、私を大切に育ててくれました。

 

それなのに大人になった今でも、どうしても納得がいかないというか、許せない部分がありました。特に父親についてです。私の父親はとても社交性がある人で、色んなお客様と楽しく話していることが多かったのですが、お客様と話す中で子供についてへりくだった言い方をよくしていました。

 

大人になった今ではわかります。日本人ながらというのでしょうか?人前で自慢することはよろしくない、自分を下げて話すことが美とされるようなところが、あると思います。その方が相手にとっても好印象だからですよね。社交辞令とでもいうのでしょうか…。

 

でもそれが子供の時の私にはわかりませんでした。例えば「うちの子はだらしがなくてしょうがない。電気もつけっぱなし、やりっぱなしで…お宅のお子さんと比べたらうちはまだまだですよ」なんて、子供の私がいる前で楽しそうによく話されたものです。どうしてそういうことを言うのだろうとずっと思い続けていましたし、家では父は「いい子だいい子だ」と私のことを褒め続けてくれるのです。

 

しかしだんだんと自分が大きくなるに連れて「家でのことは嘘だったんだ」と思い始めました。「本当はだらしがないなんて思われていたんだ。褒めてくれながら、裏ではそんなことを思っていたのか」と思うようになりました。どれだけ笑顔をかけてくれても「本当はそんなこと思っていないんでしょ、馬鹿にしている」とも思っていました。

 

きっと小さいなりに傷付いたのだと思います。また同時に表でいい顔をする両親が憎らしく思いました。「どうしてそんな話をするの、私のこと愛していないのでは?」とも思いました。でもその事について直接両親に聞くことが出来ませんでした。良い子良い子と言われ育ってきたので、その点について聞くことが怖かったのか…。親に良い子と言われた通りに生きて我慢をしてきたように思います。歯向かう勇気がなかったように感じます。

 

ですから小さな頃から、現在に至っても相手の気持ちを考えるあまり自分の意見が言えなかったり、控えめだったり人見知りだったり…自己肯定力が低いように感じています。それに先日息子の1歳のお祝いで、両家交えてお食事会を楽しくしたのですが…。

 

「お宅の息子さんは本当にこまめで良い方だ。いい旦那をもらったなと思ってます。それに引き換えうちの娘は本当、動かないし怠け者だから…それなのに一度怒ったら根に持ってしょうがないんですよ」なんて両親同士で笑いながら話していたのを聞いて、やっぱりいい気持ちはしませんでした。わざわざ人前で言わなくても、まして義両親の前で言わなくてもと…やはりなんと言えばいいのかわからない感情が芽生えます。

 

そんな経験がありながら、今自分が子供に対して同じことをしてしまっていることに怖さを覚えました。自分はおそらく父親に似て外面がいい方だと思います。その場を楽しくさせることが好きです。そのため雰囲気に任せて自分のことや子供のダメなところを話して、その場を和ませたりすることが得意なのだと思います。しかしどれだけ家で良く褒めたって認めたって、人前で蔑まれたと子供に思われたら、親への信頼が崩れてしまいますよね…。

 

1歳だけれど、されど1歳だと思っています。きっと少しづつ心が成長して、大人が何を言っているのかわかってきた時、きっと自分はこの子を傷つけてしまうと思います。いくら家の中で愛情を持って接しても、私の外面によって信頼関係は崩れてしまうのではないか…子供への影響はやはりあるのではないかと不安を感じています。

 

息子はまだ話せませんので言葉も通じませんが、これから成長していく過程で今からどうしたらいいか、自分の子供への対応と、周囲の人との付き合いについて、パピーさんでしたらどんな対応をされますか。教えていただきたいです。また、自分の両親に対して今だにこの許せない感情をどうしたらいいのかわかりません…。こんな感情を持ったまま、自分はこの先、子育てをしていけるのか不安です。

家では「いい子だいい子だ」と褒めてもらっていたのに、人前ではけなされる。新米ママさんも書かれていましたが、それを子供が聞いたら「褒めてくれながら、裏ではそんなことを思っていたのか、馬鹿にしてる!」って思いますよね。でも、他の人が褒めてくださる言葉に「そうなんですよ♪うちの子はとってもいい子で…」なんて言えば、場が白けてしまいそうです。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 子どもの前で親が絶対に見せてはいけない「間違った謙遜」の弊害
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け