日本の大マスコミは報道できない、高城剛から返ってきた衝撃回答

DSC01962
 

Q&Aコーナーも大人気のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』の著者で、世界を股にかけ様々なメディアで活躍しているクリエーターの高城剛さん。いつも世界の裏側や最先端の情報をイチ早く伝えてくれている高城さんですが、この度、まぐまぐでは年末年始の特別企画として、皆さまから高城さんへの質問を2019年末に大募集しました。そして、皆さまから寄せられたご質問に、高城さんが回答してくれました。その回答の一部を今回特別に、本記事でご紹介させていただきます。

※全ての質問と回答は、高城さんのメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』内で公開します(2020年1月中に配信予定)。初月無料のお試し期間中でも質問と回答の全文配信号を受け取れます。メルマガにご登録のうえ配信をお待ちください。

教えて、高城さん。皆さまから寄せられたQ&Aの一部を特別に「ちょい見せ」

Q:もう何年も前からこれで終わりだ、いやいや終わりの始まりだなどなど言われてきた中国共産党の政治体制は終わりつつあるように見られます。アメリカ、欧州は本気で共産党をつぶすでしょうか。その際に香港はどういった状況になると予想されますか。今まで香港に住んでいたのですが、家族とともに日本に引っ越します。高城さんのご意見あればお伺いしたいです。

高城さんからの回答:
中国と西側経済圏のデカップリング(分離)は、さらに進むでしょう。

中国(共産党)は、ビッグデータや機械学習で個々人の動きを逐一監視し、全体主義をさらに押し進めると思われます。
人民に富がまわっている間は粛々と進行するのでしょうが、問題は富が停滞したあとに異変が起きるだろうと僕は考えます(と、米国も睨んでいます)。

日本を鑑みれば、戦後、事実上一党独裁だった自民党が政権奪取されたのは、バブル崩壊後です。

今後、中国が金融危機に直面するのは2020年代前半で、そこで大きな動きがあると予測しますが、日本の自民党と大きな違いが中国共産党にあります。それは、軍部を有していることなんです。

このようなことから、中国で起こりうることは、軍部によるクーデターになるだろうと予測しています。軍制服組トップ経験者2人を投獄して押し進めた「中央軍民融合発展委員会」の内部崩壊からはじまるでしょうね。

Q:富裕層が長寿を買い求める時代がくる(来はじめている)ということですが、具体的に、お金と何が交換されるようになっていくのでしょうか。最新の予想を教えていただきたいです。

高城さんからの回答:
お金を銀行に預ければ利子が返ってくるように、自分の細胞をバイオバンクに預ければ、若返った細胞が返ってくる時代になりました。

また、巨額マネーをプライベート・バンクに長期的に預けて安全に運用すれば、いつまでも見返りが望める可能性が高まるように、自分の細胞をプライベート・バイオバンクに長期的に預けて預けて安全に運用すれば、いつまでも若返りが望める可能性が高まるようになりました。

しかし、なかには高リスクの「培養細胞」もございます。

東南アジアの富裕層に人気のロシアから輸入した骨髄幹細胞は、他家の骨髄細胞を点滴で入れる高額なビジネスとして知られています。

現時点では他家の骨髄幹細胞を使用した治療の長期的安全性はまだ保証されておらず、幼若な細胞が混ざっているリスクや抗原抗体反応が起こる可能性も否めませんので、いわばロシアンルーレット同然です。

また、香港には「人生銀行」もあります。

抗がん剤で白血球が減った人のために、骨髄に働きかけて末梢血液に白血球を増やす注射をする施術がありますが、これを健康な人に打つと、末梢血の中に幼若な白血球がいっぱい出てきます。その中から幹細胞を取り出し、培養して戻すというのが「人生銀行」のビジネスです。

費用は、およそ400万円。

どこも中長期的リスクは不明ですので、ご質問にあります「具体的に、お金と何が交換される」かは、「リスク」と「一時的な気分」、そして周囲に大声で言える「自慢代金」なのかもしれませんね。

ちなみに、一般的な幹細胞点滴のピークは、三週間だけです。

Q:ここ数十年を見ても自動車、ネット、携帯電話、電子決済、AI、ヒトゲノム解析など新しい技術が新しいニーズ・生活を作ってきたように思われますが、ヒトが次に直面し、乗り越え(または発見し)、生活の在り方が変わるような大きな壁はどの分野のどんなものになるとお考えでしょうか。

高城さんからの回答:
人間社会は、死ぬことを前提に設計されていますが、このフレームワークが大きく崩れてしまうのが、21世紀です。
つまり、「生活の在り方が変わるような大きな壁」は、ライフサイエンスとも「生への挑戦」、いや「神への挑戦」とも言えるかもしれません。

宗教から税制まで、数千年以上続いたヒト社会の崩壊が、もう徐々にはじまっているのです。

人々は、あたらしい宗教と哲学を求めるでしょう。

全質問と全回答が配信される高城さんのメルマガご登録はコチラ

 

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 日本の大マスコミは報道できない、高城剛から返ってきた衝撃回答
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け