マスクが日本の薬局から消えている。新型肺炎で中国人が爆買いか

2020.01.28
780
by MAG2NEWS編集部 NK
 

訪日中国人の「爆買い」でマスクが消えている?

中国人観光客が多く訪れる東京・銀座や浅草、秋葉原では、マスクを大量に買い込む姿が多く見られる。都心のドラックストアでもマスクが売り切れるなど、新型肺炎の影響は日本国内にも広がっている。MAG2 NEWSが28日午後に電話で問い合わせたところ、大手ドラッグストア「マツモトキヨシ」では、銀座5丁目店、アキバ店、アキバ電気街口店で、すでにマスクが品切れだという。中国の春節(旧正月休み)と重なった影響で中国人の「マスク爆買い」がおき、不安視する日本人の大量購入も相まって、「入荷しても入荷する側から売れていく」(同銀座5丁目店)といった状況だという。新型肺炎の影響で、都内を中心にマスクの入手が困難な状況になってきているようだ。





※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 共同通信、マツモトキヨシ

image by: MAG2 NEWS(都内大手ドラッグストアのマスク売り場、1/28撮影)

print
いま読まれてます

  • マスクが日本の薬局から消えている。新型肺炎で中国人が爆買いか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け