遠ざかる米テスラの背中。トヨタが犯した「決定的な戦略ミス」

shutterstock_733051681
 

もはや止めることのできない世界的な流れとなっている、電気自動車(EV)へのシフト。各国各社がこぞってEVをリリースししのぎを削っています。そんな中で、トヨタが戦略的なミスを犯しているとするのは、世界的エンジニアとして知られる中島聡さん。中島さんは今回、自身のメルマガ『週刊 Life is beautiful』でその理由を記しています。

※ 本記事は有料メルマガ『週刊 Life is beautiful』2020年2月4日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール中島聡なかじま・さとし
ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。

テスラ以外の電気自動車

私はこれまで、BMWの3シリーズ、トヨタプリウス、Tesla Model 3と乗り継いで来ましたが、私の妻はここ20年ぐらいレクサスばかり(それも最近はどれもハイブリッド)を乗り継いで来ました。今回、レクサス(ESh)のリースが切れることもあり、再びレクサスにするのかと思ったら、「今度は電気自動車に乗りたい」と言うのです。

彼女は、「アーリー・アダプター」の私とは違って、比較的保守的な「レイト・マジョリティ」であり、そんな彼女が電気自動車に乗りたいと言い出したという事実そのものが、今の米国の自動車業界を良く物語っていると思います。

テスラファンの私としては、是非とも彼女にもテスラに乗って欲しいのですが、「ミニSUV(ハッチバック付きの乗用車)」が欲しい彼女に最適なModel Yはまだ発売されてないし(前倒しで来月にも発売されるという噂もありますが、予約は既に殺到しているので少なくとも数ヶ月は待たされると思います)、「夫婦で揃ってテスラに乗るのは嫌だ」という彼女の気持ちも分からなくはありません。

しかし、テスラ以外の電気自動車となると、それほど選択肢は多くありません。

日産リーフは、4年ほど前までは「もっとも売れている電気自動車」でしたが、テスラのModel 3が発売されて以来、すっかり影が薄くなってしまいました。さらにゴーン氏の事件が企業イメージを大きく損なっており、リーフを担いでいたゴーン氏が追い出されてしまった今からリーフを買う気にはなれません。

シボレーからBolt EVが発売されてはいますが、こちらはコンパクトカーな上に、デザインも悪く、シボレーも本気では売っていないので、対象外です。

BMW i3も、とてもBMWが発売するようなデザインとは思えず、これでどうやって、これまでのBMWファンを捕まえるのかが分かりません。

上の三つに共通するのは、デザインが「いかにも電気自動車」である点で、テスラが登場する前の「遅くて航続距離の短い電気自動車」のイメージを引きずっています。

そんな中で、際立ってデザインが良いのが、ポルシェのTaycanです。こちらは、BMW i3と違って、「ポルシェ・ファンが何を望んでいるか」をしっかりと意識した上での、素晴らしいデザインです。残念ながら、彼女が欲しがっている「ミニSUV」とは大違いです。

そんな理由で、「Model Yを待つしかない」と私は頭から決めつけていたのですが、そこで彼女が突如注目したのが、アウディのe-tronです。

確かにちょうど良い大きさのSUVだし、他の電気自動車のように「いかにも電気自動車」という顔をしていないのも彼女にとって魅力的なのだと思います。

ということで、近所のアウディのディーラーまで試乗に行くことにしました。

Model Xでディーラーに乗り付け、中に入ると、刺青をした綺麗な女性(シアトルでは普通です)が近づいて来て(Katelynという名前)、「Model Xの買い替えですか?」と尋ねてくるので「いやいや、こっちじゃなくて、もう一台の方の買い替え。僕はテスラの方が良いと思うんだけど、彼女がアウディのe-tronを試乗してみたいと言うから来た」と答えます。

「e-tronは置いてあるの?」と尋ねると、「数台あります」と答えが帰って来ます。私はディーラーは(メンテナンスで稼ぐことの出来ない)電気自動車は売りたくないので、それほど在庫は抱えていないだろうと思い込んでいたので、少し驚きです。

print

  • 遠ざかる米テスラの背中。トヨタが犯した「決定的な戦略ミス」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け